JTAGKey2Cloneをもっと使ってみる

20150514追:
2015年現在、JTAGKey2CompatibleのRev.5まで
上がっています。自作される場合はこちらを参考にしてください。

20150514追:






よし
やっと日記書く余裕ができた…MTM05に参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
日記はぢめてもう1年たったことだし、ねむいさんもていどひくいと言われないような仕事を
したいものです。本業の虹メの方がスレの途中で寝落ちしまくっててていどひくいどころ
じゃない状態なのは置いといて。てかいつもスレに参加してくれてる人ごめんなさい…。


20130422追:
HJ-LINK/USB とispVMにも対応する JTAGKey2互換の回路図起こしました


さて本題、前回はJTAGkey2のクローンを作成し、LPC2388のフラッシュプログラミング
でRTCKの威力を確認しましたが、今回もう少し設定をなぶってみました。
CQ-FRK-NXP-ARMの基板は12MHzの外部クロックが乗っているのでOpenOCD接続時に
デフォルトの内部4MHzRC発振からそちらで動くように切り替えると速度が速くなるわけで
すが、PLL使って最高速の72MHzまで叩き上げるとさらに速くなるはずです!
(もう十分早いけど)

↓というわけで試して比較してみました。
●Ext12MHz,With AdaptiveClocking(RTCK),CCLK=12MHz
> > "C:/Devz/AVR/WinAVR/utils/bin/make.exe" program
> openocd -f C:/Devz/ARM/OCD/daemon.cfg -f C:/Devz/ARM/OCD/tcl/interface/jtagkey2.cfg -f C:/Devz/ARM/OCD/tcl/target/lpc2388_rclk_flash.cfg -c "mt_flash main.elf"
> Open On-Chip Debugger 0.5.0-dev-00267-gef72484 (2010-05-26-21:28)
> Licensed under GNU GPL v2
> For bug reports, read
> http://openocd.berlios.de/doc/doxygen/bugs.html
> adapter_nsrst_delay: 100
> jtag_ntrst_delay: 100
> trst_and_srst srst_pulls_trst srst_gates_jtag trst_push_pull srst_open_drain
> RCLK - adaptive
> RCLK - adaptive
> fast memory access is enabled
> dcc downloads are enabled
> Info : device: 6 "2232H"
> Info : deviceID: 67358712
> Info : SerialNumber: 22222222A
> Info : Description: Amontec JTAGkey-2 A
> Info : max TCK change to: 30000 kHz
> Info : RCLK (adaptive clock speed)
> Info : JTAG tap: lpc2388.cpu tap/device found: 0x4f1f0f0f (mfg: 0x787, part: 0xf1f0, ver: 0x4)
> Info : Embedded ICE version 7
> Error: EmbeddedICE v7 handling might be broken
> Info : lpc2388.cpu: hardware has 2 breakpoint/watchpoint units
> target state: halted
> target halted in ARM state due to debug-request, current mode: User
> cpsr: 0x60000050 pc: 0x000038bc
> flash 'lpc2000' found at 0x00000000
> auto erase enabled
> wrote 131072 bytes from file main.elf in 2.671892s (47.906 KiB/s)
> verified 118132 bytes in 0.921881s (125.139 KiB/s)

> requesting target halt and executing a soft reset
> target state: halted
> target halted in ARM state due to breakpoint, current mode: Supervisor
> cpsr: 0x600000d3 pc: 0x00000000
> shutdown command invoked
>
> > Process Exit Code: 0
> > Time Taken: 00:05


●Ext12MHz,With AdaptiveClocking(RTCK),CCLK=72MHz
> > "C:/Devz/AVR/WinAVR/utils/bin/make.exe" program
> openocd -f C:/Devz/ARM/OCD/daemon.cfg -f C:/Devz/ARM/OCD/tcl/interface/jtagkey2.cfg -f C:/Devz/ARM/OCD/tcl/target/lpc2388_rclk_flash.cfg -c "mt_flash main.elf"
> Open On-Chip Debugger 0.5.0-dev-00267-gef72484 (2010-05-26-21:28)
> Licensed under GNU GPL v2
> For bug reports, read
> http://openocd.berlios.de/doc/doxygen/bugs.html
> adapter_nsrst_delay: 200
> jtag_ntrst_delay: 200
> trst_and_srst srst_pulls_trst srst_gates_jtag trst_push_pull srst_open_drain
> RCLK - adaptive
> RCLK - adaptive
> fast memory access is enabled
> dcc downloads are enabled
> Info : device: 6 "2232H"
> Info : deviceID: 67358712
> Info : SerialNumber: 22222222A
> Info : Description: Amontec JTAGkey-2 A
> Info : max TCK change to: 30000 kHz
> Info : RCLK (adaptive clock speed)
> Info : JTAG tap: lpc2388.cpu tap/device found: 0x4f1f0f0f (mfg: 0x787, part: 0xf1f0, ver: 0x4)
> Info : Embedded ICE version 7
> Error: EmbeddedICE v7 handling might be broken
> Info : lpc2388.cpu: hardware has 2 breakpoint/watchpoint units
> target state: halted
> target halted in ARM state due to debug-request, current mode: User
> cpsr: 0x60000050 pc: 0x000021bc
> flash 'lpc2000' found at 0x00000000
> auto erase enabled
> wrote 131072 bytes from file main.elf in 2.609392s (49.054 KiB/s)
> verified 118132 bytes in 0.234377s (492.212 KiB/s)

> requesting target halt and executing a soft reset
> target state: halted
> target halted in ARM state due to breakpoint, current mode: Supervisor
> cpsr: 0x600000d3 pc: 0x00000000
> shutdown command invoked
>
> > Process Exit Code: 0
> > Time Taken: 00:05


CCLKを72MHzに叩き上げたことによってベリファイ速度が滅茶苦茶速くなってます…
さすがですね〜。RAMへのダウンロードも同じくらい早いでしょう。
一方フラッシュ書き込みそのものはMAX50kb/Secで頭打ちのようです。これはフラッ
シュ消去/書き込み時間が固定でそこがボトルネックとなっているからでしょう。
STM32の方も同様の理由で頭打ちになってMAX20kB/Secが精一杯ぽいです。これももう
少し早くなると思うんだけどなあ…まだいじる必要があるのか…


あと気をつけなければならないのがOpenOCD用スクリプトのフラッシュ書き込み時の
CCLKの設定ですが、こちらも適切な値に設定していないと正しく書きこまれません。
例としては↓こんな感じです。
un
RTCK対応のLPC2388用OpenOCDコンフィグは既に72MHz動作対応済みです。






そして今日はもう一件JTAGKey2Cloneを使った重要な事柄があります。

先月発売されたInterfaceには付録としてSH2Aの基板が付いていました。これにはH-UDI
とかいうJTAG用の端子が備わっていて同時期にリリースされた某JTAGデバッガを接続
してデバッグができるようになってます。"た"の人曰く最初はIF誌で同JTAGデバッガの
回路図全公開の予定だったらしいのですが大人の事情で非公開となったそうです。

でもFT2232デバイス(FT2232H)を使っているのは自明かつMPSSEでJTAGとして使えるピン
は固定なのでJTAGkey2Cloneのハードウエアが余裕で使えるんじゃないかと言うことで
実験野郎してみました。 …と思ったらすでにされてる方がいました。
てか某掲示板では動かすまでいろいろアドバイス頂きありがとうございます…。
dllをこう使えばディスクリプタ合わせるためのEEPROMの書き換えすら要らんのか…すげ

てわけでJTAGKey2Cloneまんまで動きましたワーィ
un
un
これでSPIROM何発ぶっ飛ばしても無駄な出費払わずにいつもの使って復帰できますね♥
JTAGKey2(無印やクローン含む)があればAltera,xilinx,ARM,SHの開発に使いまわせられます!


でもねむいさん国産マイコンは仕事でうんざりするほど使ってるからSH2Aとかこれ以上
触るつもり全く無いんだし!







おまけ
毎年気になる電源ライン

↓立ち上がり
un
こっちはふつーですね・・・

↓立ち下がり
un
あーっとこれは…

1.2Vはスパッと0Vまで落ちてますが3.3Vラインが0.6〜0.4V付近で長時間たむろってます…
リセットICの電源も+3.3Vから引いてますがこれは誤動作しやすくなるやもしれません。
1.2Vが立ちあがらないUSBが繋がらない云々の件は3.3Vラインの残存チャージが原因の
一つと見てよいですね。

対策は3.3VレギュレータのVoutからVinにチャージを引き抜くようにショットキバリアかまし
てやれば良いでしょう。syslab氏もすでに試されていて実際に効果ありのようですね。
ていうか基板設計するときにもっときっちりオシロで波け…
…まぁいいや…もうARM9のボードで遊ぼう…淘宝网で買った液晶もまだまだ消化中だし…

Go to top of page