なるべく楽して六甲全山縦走 後編

この記事は前回からの六甲全山縦走完全攻略の後篇です。
ねむいさんは明石海峡大橋に沈む夕日を見ることが出来るのか?
衝撃の結末にこうご期待!


●2016.10.14 六甲全山縦走路(宝塚〜塩屋)後編


龍門寺から鍋蓋山まではひたすら登りが続きます。
しかしながら道幅も広く安全に進む事が出来ます。
午前に空に覆いかぶさっていた雲も晴れていい天気になってきました!
これはいい夕日が期待できそうですね!



鍋蓋山山頂です。
山頂から少し降りた展望広場ではこれから先に向かう高取山や旗振山が見えます
そしてさらに向こうには明石海峡大橋も。


次に目指すは菊水山です!



・・・が、なんと一旦ものすごく降りてからものすごく登らないといけません・・・
丁度手前から団体さんが着たのでサボ・・・休みがてら通り過ぎるのを見送ります。



天王吊橋にやってきました。
ここが鍋蓋山と菊水山の谷に当たる部分です。



※ねむいさんは高所恐怖症
 この後の須磨アルプスでもへっぴり腰の大活躍



天王吊橋を越えるとキチガイみたいな急角度の登りになりやがります。
疲労が溜まってきた足にスーッと効いてこれは・・・ありがたくない!


少し登りが緩やかになったところが城が越です。
右手に目をやるとすずらん台から伸びる中里町の住宅街が見えます。


すずらん台への分岐がある地点です。
菊水山へは奥の左手に伸びる階段は"登ってはならず"、
右手の下る方面へ進みます。ここ間違えやすいので注意です!



菊水山に到着です。有志の方々が山頂の掃除をされていました。
この時点で時刻は14時を少し回ったところ、これ日没までに
須磨いけるのではと思っていました・・・しかし・・・

と、ここまでの攻略情報です。
龍門寺から鍋蓋山までは比較的なだらかな登りが続きますが
吊橋を挟んで急激な下りと菊水山への急激な登りが延々と続きます。
道も狭いので対向者とのすれ違いに注意してください。



菊水山からは一気に急激にくだります!!



下りきったらぶにょぶにょの変な橋を渡って神鉄に沿って走ります。


途中でオェゐシスもありますが水量が少なくあまり期待しないほうが
良いでしょう。



いい感じのトレイルをぬけて児童公園が見えてくると鵯越駅はもうすぐです。



神鉄鵯越駅です。
近くには100円自販機もありますがねむいさんは今回は自販機は一切
利用しておりません。そしてここからは住宅街ゾーンです。


少し進んで大きい道路をくぐる前のところに縦走者向け水洗式トイレが
有りました・・・これはありがたい。
ありがたく水も補給です♥


さて、鵯越駅を越えてからの丸山町の住宅街ゾーンは迷いやすい事で
有名ですが逆順路なのでさらに迷いやすい事態になっています。


曲がり角に掛かったらいちいち振り向いて六甲全山縦走路の目印を
確認するようにして進みましょう。


鷹取橋東詰の交差点に出たらもう安全です★


高取山丸山登山口という超まぎわらしい名前の登山口に差し掛かります
もちろん進路は左手です。


登山道自体はなだらかで
かなり登りやすいです。



高取山の登山者向け休憩所に差し掛かりました。
ここは猫の楽園でもあるのですが・・・
すごい嫌そうな顔してる奴がいた!



登山者向け施設が連なる場所をくぐってさらに進むと
高取神社の鳥居につきます。



高取神社とそこからの景色です★
たぶん六甲ポートアイランドかと思います。

さてここで攻略情報です。
菊水山から急激に下ると神鉄沿いのなだらかなトレイルに
差しかかります。このあたりスズメバチの巣窟だそうで
そそくさと通り過ぎましょう。鵯越駅からの丸山住宅街ゾーンは
有名な迷いポイントです。私のGPSを参考に進んでください。
高取山直下の猫ゾーンは猫と戯れすぎて時間を浪費して
しまわないように注意しましょう。



高取山山頂は下見で行ったのでパスです。



三角点高取がある荒熊神社には寄りました。



そこからさらに高度を落としていきます。
いつの間にか日も落ち始めていました。


野路山公園まで降りたらすぐまたトレイルになるのですが一度行った道にも
かかわらずミスったorz


この妙法寺方面に行く出合いも要注意です。
間違って直進してしまわないように!


妙法寺幼稚園の石柱が見えたら後は道なりにまっすぐ行けばいいので
もう安心です・・・がなんとここの路上で運動会帰りなのか体操服姿の小学生
くらいの女の子同士が抱き合っていちゃいちゃしてる姿を発見!!!
ねむいさん唖然にとられて二人を見ていたら目が合ってしまい、私に気付き
そのまま退散か・・・と思ったらなんと二人とも私を一瞥してクスリと笑い「あの美人な
お姉さん
に見せ付けてやろーぜ♥」と言わんばかりに行為続行♥♥♥♥
まったく・・・百合の喜びを知りやがって・・・お前ら許さんぞ♥
でも百合スバラシイ!!


事案が発生して翌日の神戸新聞に載りたくなかったのでさっさと
先に進みます。妙法寺を右手に進みます。


目立たない分岐路から阪神高速道路をまたぎます。



横尾二丁目の住宅街の中を進みます。
このあたりも猫の占領区になってますね・・・



住宅街のはずれから横尾山への登山道に取り付きます。
はじめはなだらかな坂ですがすぐにきつい登りに変わっていきます!!




横殴りの太陽が結構痛い・・・
日もかなり傾いてきました・・・これヤバイかも!?



東山のてっぺんにやってきました・・・!
ここから恐怖の須磨アルプスに差し掛かります!

というところでで攻略情報です。
高取山から急激に下ると(こんなんばっかだ)
妙法寺住宅街をへて横尾の住宅街に入ります。こちらも六甲全山縦走路の
目印が死角になりまくっているので常に振り向きながら進みましょう。
東山への登りはかなりきついです。無理せず進みましょう。
でももうすぐ日が堕ちるころですからちんたら歩いちゃダメよ!!!


へっぴり腰の状態異常になりながら須磨アルプスを果敢に攻めます!!


ひぇぇぇぇっぇぇぇぇぇぇい!!
(↑高所恐怖症)



馬の背の安全地帯です。
ここからみえる奥に向かう階段をみただけで足がすくみました・・・



へっぴり腰が直らないまま安全地帯までやってきました・・・



程なくして横尾山頂です。
神戸の街も赤に染まっていますね〜



もうすぐ日没です。
栂尾山に間に合うか!?




・・・ッッどんぴしゃで間に合ったー!!!!11!!!1!
栂尾山山頂です!
須磨の海に沈む夕日も夕日に照らされる明石海峡大橋も
美しく見えます♥

ねむいさんはこれを見るためにここまでやってきた!!

そんなわけで攻略情報です。
須磨アルプスは滑りやすく滑落の危険が有りますので
絶対に舐めて掛からないようにしましょう。
またこの時間帯ではペースによってはすでに日没になってる
かもしれません。ライトは事前に点灯させて進みましょう。



栂尾山山頂からは名物階段をひたすら降りていきます。
降りていくうちに日も水平線に没しました・・・。




離宮公園に向かう大きな道を歩道橋で渡り高倉台の住宅街を抜けます!




あとは残照でどこまでいけるか!?時間との戦いです!
高倉台の階段は腕力で駆け上がります!!



高倉台のおらが茶屋に到着です。
すでに日没後、残照も急激になくなってきます。
ここで昨年のダイトレでも大活躍したヘッドライトを装備しました!



街灯りも沢山点いて来ました。
そして日がおちるのと対照的に月の光りが強くなっていきます。

準備を整えて最後のトレイル区間へ!!



トレイルに入るとすでにもう真っ暗です。
ヘッドライトが頼りになります。



鉄拐山山頂に寄りました。
残る山頂は旗振山のみ!!



もうすぐ完全に夜が訪れます・・・
しかし・・・!



ッッ最後の山頂、旗振山に到着です!!!


・・・月夜に照らされた須磨の海と街灯りがすっごく綺麗です・・・♥



後は塩屋駅に向かってひたすら降りていくだけです!!



このあたりでペキマンGOやってる奴に遭遇して超びびりました・・・



バーべキュー場の左隅に旧六甲全山縦走路があります。



ラストの175mピークを越えたら毘沙門天への分岐があります
まっすぐ行っても塩屋にはいけますがここは右折です。




暗闇を抜けて毘沙門天に着きました!


山王神社に残りわずかな道中安全の祈願をしました。


最後の六甲全山縦走路の道標を見送ります。
現在は山陽須磨浦公園駅からスタートですが塩屋からのファンも
根強くいるようです。





毘沙門天の道標を頼りに道を下っていきます。
さらに商店街に入ります・・・最後の道標を右折すると・・・


山陽塩屋駅に到着です!!!
六甲全山縦走走破達成!!

ここで最後の攻略情報です。
高倉台から先はすでに日没になっていて
トレイル区間は真っ暗になります。
かならずヘッドライトを付けて挑みましょう!
旗振山にたどり着いたらゴールの山陽須磨浦公園駅若しくはJR/山陽塩屋駅までは
ひたすら下りです!





でももうちょっとだけつづくんじゃ
まだ須磨の海を見てないのです・・・!



須磨浦公園駅です。ここが現在の六甲全山縦走のスタート地点です。


そばにある海釣り公園より・・・
♪夜に寄り添う気分は なんて素敵
 夜風に雲が流れて 月ひとしずく




JR須磨駅です。
・・・やっと須磨海岸に・・・
4年前と同じ場所です


いついつママ
 スマハマにいつまた行くの
 過ぎた愛を探しにいく海の彼方 スマハマ
 
 Sumahama
 There's a lover's sleep in old Japan
 Where the lovers walk along the sand
 Hand and hand at Sumahama

 スマハマ
 秋に木(き)の葉が散るように
 寂しく哀しい恋の歌
 スマハマの国から




しかしここで急にあと200mを走る気力がゼEROになってしまい
もうJRで帰ってもいいかなと思ってしまいましたが・・・


なんとかモチベを取り戻し山陽須磨駅に到着しました。
これをもって長い長い私のちゃれんぢが完了です。


といいたいところですが新開地と阪急十三まで乗換えで
気が抜けません!家に帰るまでがトレランなのです!



というわけで長々と12時間30分近くかけて六甲全山縦走路を攻略しました。
歩きと同じくらい時間かかったりゆうは記念碑大でトイレ大休憩を挟んで
しまったのと道中で写真を800枚以上取り捲ったのが原因です。
まぁとりあえず"この日は"大きな怪我もなく無事ゴールできたので結果
オーライです★(あとになってダメージが来たとは言ってない)

2016.10.14 六甲全山縦走路(宝塚〜塩屋) GPSログ

なるべく楽して六甲全山縦走 前編

だから12時間30分も掛かったのですね!?
そうだよ(出オチ)

と言う事で昨年はダイトレでしたが今年は六甲全山縦走路に挑戦しました。
六甲全山縦走は古くから毎年縦走大会が行われているほどメジヤーなもので
関西に住んでいる私も挑戦するのは必然であると言えます!ですがねむいさんは
人でごった返す縦走大会とか山岳マラソンとかに参加する気は1世發覆い任垢韻鼻
そもそも元から足が遅くて勝てませんので出るだけ金の無駄です(逆ギレ)

また、ゴールを須磨海岸にしたかったので一般の縦走大会とは逆向きに進む
事になりました。ネット上で見られる攻略情報は当然須磨から宝塚の順方向
ばかりなので、昨年のダイヤモンドトレールのように真夏に何本かに分けて
じっくり下見を行い全走破のためのタクティクスを積みかさねてきました。

またFF6学会で有名なおやつの方リスペクトでねむいさんなりに楽して攻略
出来るような手抜k・・・戦術で各所を撃破しております。

♨ 今回の六甲全山縦走におけるねむいさんレギュ ♨
・なるべく楽をする
・水分はたっぷり取る
・休憩もたっぷり取る
・写真はたっぷり撮る
・たまに三角点も探す
・遭遇したイノシシに蹴りを入れない
・他の人に迷惑をかけない
・獣のように駆け巡るんだ
・催したらトイレでする。やまにつぶてなんてもってのほか!
・危険な箇所はゆっくりしていってね
・おうおうチンタラ歩いてんじゃねぇぞ走れコラァン!
・なるべく歩かないように前向きに善処いたします

それでは出発です!!!!!!


●2016.10.14 六甲全山縦走路(宝塚〜塩屋)前編

虹裏メイドの朝はちょっとだけ早い。
スタート地点が阪急沿線の駅からとか東海自然歩道と比べてお手軽過ぎますね♥


宝塚劇団の銅像のがある宝塚駅正面ゲートからスタートです!!


まずは宝来橋を渡り武庫川を越えます。


住宅街の中を駆け上ります・・・もうすでにきつくなってる私・・・


甲子園大学の敷地の近くになると
六甲全山縦走路の道標が見えてきます。


塩尾寺(えんぺいじ)休憩所です。実際のお寺はもっと先の場所にあります。


塩尾寺です。ここはトイレや水場は一切ないのでさっさと通過です。
そしてようやくここからトレイルがはぢまります!

さてここで攻略情報です。宝塚駅から塩尾寺までは全て舗装路ですが傾斜角が
尋常ではありません。はっきりいってその後のトレイルよりきついので温存
してやばい時は歩きましょう!やばくない時はもちろん走れ!!!!!!





ひたすら登りです。このあたりはまだゴロ石が多くなく傾斜角も少ないので
サクサク進められるかと。


ゆずりは台分岐です。
対面方向からトレイルランナーが猛スピードで掛けおりてくる地帯です。


宝塚最高峰岩原山の分岐です。


たまに車道を横切る場面もあります。



そして車道区間、大谷乗越(と大平山分岐)をパスします。


犬のように駆け巡るんだ!!


船坂峠です。


だんだんクマザサが目立ってきます。


序盤の難所です。石が多くて上りもきつく足元には注意です!



東六甲縦走路分岐まで出てきました。黄色い液体はねむいさん特製すぺしゃる
ドリンクです。昨年のダイトレとほぼ同じレシピとなっています★
注:まだたったの12km

さてここまでの攻略情報です。
塩尾寺からこの分岐まではほぼトレイル区間となります。
そして登りが延々と続きますがそこまで角度はきつくなく快適に駆け上がれ
ます・・・っていうか歩いてんじゃねぇぞですよぅ!!!
東六甲縦走路看板の直前だけきつい登りが連続します。ここを乗り越えたら
後は楽な車道区間のはぢまりです!





県道63号の車道区間は楽勝です★
石宝殿を過ぎてトンネルをくぐり(迂回ルートもありますが)
戦いの舞台は神戸市へ――――――



一軒茶屋のある場所で車道と別れて六甲最高峰に向かいます。
この直前の舗装路の登りがちょっときついです。



ここまで疲れました〜でもねむいさん六甲山頂独り占めです〜♥
こんな誰もいない六甲山頂も初めてだわ・・・
いつも人が座ってて見られなかった三角点盤もゲッツです!


かつて六甲山頂が軍用地として使われていた頃に立てられた
仮の最高峰碑を探しまくりましたが何とか見つけました・・・
結構な時間ロスorz


眼下に大阪湾を見下ろしつつ次なる場所に向かいます!!


このあたり県道63号線を何度もクロスしたり併走したりします。


なんか退屈なので路傍の花を・・・


極楽茶屋です。ここも展望所があります。


ガーデンテラス前にある鉄塔が近くなってきました!


六甲ガーデンテラスに到着です。


ここで補給をかねてたっっっっっっっぷり休憩です。
また、ソロ山行ゆえにエイドなどという軟弱な支援措置は一切ないので
全部自分で賄います。今回は自販機とかいう軟弱な飲料水確保装置
一切使用しません1!1!!!

トイレの上水道水は天の恵みなので使いまくりますよぅ!
何のために税金払ってると思ってるんですか!!11!!!1!1




ちょっと休憩取りすぎました〜(テヘ
こんな日でもガーデンテラスのテラスは観光客でごった返してます。
そして次なる場所に向かいます。

さてここまでの攻略情報ですが、県道63号線に沿うようにトレイルを登ったり
下ったりしてガーデンテラスまで進みます。これが意外としんどいので踏ん張り
どころです。もちろん往来の車に轢かれないように注意しましょう。





ごく稀にトレイルがありますが基本舗装路です。
六甲山上にある町並みを縫うように走り抜けます。


ゴルフ場なんかもありますね。



記念碑台に到着です。
ここで思わぬトイレ休憩・・・・さっきのガーデンテラスで補給しすぎたか・・!?

トレイル区間で催さなくて助かったZE♥
雉撃ち行為は自然破壊になるので絶対にしてはいけませんね
ましてお小水どころかGOLDENをおきz



さてそんな事どうでもいいのでとっとこ先にむかいます。
丁字が辻でダイヤモンドポイント/三国岩方面に向かいます。
縦走路はダイヤモンドポイントは外していますので間違っていかないように!



三国池からは下りのトレイルになります。
トレイルを折りきるとまた車道区間になります。

ここまでの攻略情報ですが、基本車道を通行します。
車にはご注意ください。また丁字が辻の分岐は見落としてそのまま
大きい道路を直進してしまいがちなのであわせてご注意を。




ここまで来たら摩耶山の区域になります。
ひたすら車道が続きます。
・・・が少年自然の家の入口にあるウサギの顔が怖い・・・



谷上方面の徳川道から登ってくると当たる穂高湖とその近くの杣谷峠を
パスします。


アゴニー坂の登りです。ここは急な登りが連続して縦走者を
くるしめます!!


くぅう〜疲れました〜
たいした事なかったですねハハ(汗だく



摩耶山天上寺とロテルド摩耶をパスします。天上寺は前世紀の頃に起こった火事で
元摩耶と呼ばれる創生地のこの場所に移住しています。




掬星台です。
なんと看板がリニューアルしていました!
今年7月に行った時はまだ古い奴だったのですが・・・
もちろんここでもたっぷり戦略的休憩♥


ここまでの攻略情報です。
アゴニー坂以外は車道です。アゴニー坂も"ざこ"なのでまったく問題ないでしょう。
掬星台では水が補給できます。ここから市が原まで一切補給できないのでここで
十分行っておきましょう!




掬星台を越えると六甲全山縦走を象徴する天狗道に差し掛かります。
ここも幾つもの縦走者を苦しめてきた難関です!



・・・ですが宝塚スタートな私にとっては快適なくだりが続く"ざこ"
にすぎませんね(上から目線
ご丁寧に詳しい看板が沢山設置されています。



学校林道からは稲妻坂になります。さらに角度が急になりますが
宝塚スタートな私にとっては(ry


ここいつも工事してますね・・・



布引ハーブ園分岐で勾配が落ち着いて稲妻坂終了です。
さっきまで登ってきたところが空が晴れて綺麗に見えます★


さらに下ると市が原につきます。ここで完全に下り道が終了です。



市が原の桜茶屋です。以前は自販機全部売り切れでしたが今はありますね・・・



龍門寺に向かう一本橋のところで子供の大群と遭遇。
やむなく休憩しました・・・ほんとにやむなくですこれ幸いとサボってる
わけではないのですよぅ!!!!
この日は遠足日和!




川を越えたら車道を駆け上って龍門寺です
龍門寺参道の脇のトレイルから再度山を迂回するように高度を上げていきます。

ここで攻略情報です。
天狗道〜稲妻坂〜市が原まではくだりが延々と続きます。はっきりいって
楽勝区間ですが調子にのって足を滑らさないようにご注意ください。
また、対向者とのすれ違いの際は十分配慮してください。
市が原桜茶屋は水道付水洗トイレがあります。上水道はルートを外れないと
鵯越までなくなるので補給はしっかりと。



・・・と言うところでこの龍門寺でようやく半分です。塩屋駅まで残り約27km
くらいも残ってますが記事の容量上限が近づいてきましたので続きは後編へ!

Go to top of page