WVGAな解像度で容量性タッチパネルなTFT-LCDモジュールを動かすその1

数年前にこのLCDが最強最後とか言いましたが・・・
ありゃウソですよぅ




これがっ!480x800でッ!IPSの広視野角でッ!しかもCTP(容量製タッチパネル)
までついったっ!MCUバス向けの最強最後のTFT-LCDモジュールです!!!!!
そしてサイズは4inch!!

中華通販で変換基板付で購入しました。配線の手間が省けて超ラクです♥


TFT-LCDのコントローラICはRM68120という480x800サイズに対応したものです。

ここでちょっと気をつけなければならないのは、大きなサイズのLCDコントローラIC
では内部RAMが半分もしくは全部ない場合があり、そういった品種では8-bit,および
16-bitバスなどのMCUバス経由ではマトモに表示することが出来ません。中華通販で
買うときはご注意ください。

容量製タッチパネル(CTP)は抵抗膜式タッチパネルよりも処理が複雑でマイコン
単体では賄いきれないため専用ICがほぼ確実にセットになっております。


ICの頭にFT5216GM7と書いています。FocalTech社のICですね。
ネットでいろいろ調べてみたのですがFocalTech社のデータシートでよい物が
なかなか見つかりませんがこのCTPコントローラICは2.8〜5インチで相互容量
方式となっています。STM32F7-Discvery(F769版も)にはFT5336GQQというマルチ
タッチサポートな相互容量方式のものが使われています。

容量性タッチパネルコントローラの自己と相互の方式の違いについては
ノリタケLCDさんちの説明がとても分かりやすいです。

さて、このFT5216はタッチポイントが一つしか搭載していません。結局抵抗膜式と
あんまし変わらない感覚ですので使い勝手を抵抗膜式の時と同じになるように、
いつものにCTP向けの処理を追加していきました。

世に出回っているCTPコントローラはI2Cインターフェースと外部割込み
用端子がでているものが殆どです。当然ながらSPIよりも速度が遅いくせに
シビアなI2Cペリフェラルの操作が要求されるのでご注意ください。
また、殆どのケースでINT割り込みの処理が必須になるでしょう。


で、動かしているところです。まずCTPコントローラICのdeviceIDを読み
取って表示できるようにしました。0x79はFT5216の証です。


そんでもっていないさんの全身図を♥
480x800の世界ってスバラシイ♥


昨年まではWVGAサイズなTFT-LCDも容量性タッチパネルもなかなか手が伸びにく
く実験レベルで終わっていたジャンルでしたが、現在では気軽に利用できる段階に
までなったと感じております。これから先どんどん活躍していく事でしょう。



なんとこの記事、次回につづきます・・・


コスプレ大好きいないさん
どうでもいいですがねむいさん自身いなちゃんが誰のキャラのコスプレしてるのか知らなかった・・・

Go to top of page