中国自然歩道を往く -北伐!県境を越えて鳥取県に侵入せよ!-

Codeliteを使ったデバッグ環境構築はどこに行ったのか?そして北陸進出
計画はなぜ越前市に来たとたんに足踏みしているのか?ねむいさんのぶろぐの
過去画像差し替えが完了するのはいつなのか?

答えは今回の命を賭した岡山県境越えそして鳥取県侵入に隠されている…!
かも?



●2022.11.19 中国自然歩道(東粟倉〜鳥取県境〜芦津〜智頭)

いきなりのくそみたいな展開…
人身事故3連発で使いたくもない貴重な株主優待拳を消費してしまう羽目に…
しかも自由席ガラガラで指定グリーンとか無意だったの…
とにもかくにも何とか岡山県は大原にたどり着きました。



今回は東粟倉にある愛の村パークなる研修施設に泊まりました…
なんと旅行支援も使ってないのに素泊まり2500円とすさまじいコスパで
温泉まで入れちゃいます!!まぁでも車持ってる人専用のお宿ですね〜

てなわけで12時間にわたる地獄開始!!!



朝の後山地区を駆ける。
今年初めに寄った道仙寺に今回もよりました。



道仙寺護摩堂です。前回の予習はここまで。
あとは未踏の戦いの場が始まります…!



護摩堂の近くには愛の水という湧水があるのですが金とるのか…
愛がないと思ったら奥に進むとちゃんとフリー湧き水ありました…
愛とは何か。



今までの中国自然歩道はひたすらアスファルトでだらだら長い印象ですが
今から急に難易度が跳ね上がり険しい山岳地帯となります…!
ねむいさんはここさえ攻略出来たら後は楽かとこの時は思ってました…。



岡山〜鳥取県境の山野は普通にクマが出没するそうです…
真っ赤な警告看板がガチ感出してて恐ろしいですね…
ねむいさんも10年前に買ってそのまま放置していた熊鈴を今回ついに
実践投入し程度見ます…そしてここから登山道…!



東海自然歩道の犬越路をほうふつとさせる石交じりの登山路です。
途中ではクマの糞も見つけちゃったりして警戒度上げつつ上りますが…



ありゃりゃ…なんだこれめちゃくちゃきついのぼりですよぅ…
ねむいさんが山に登るとよく遭遇する斜め50度くらいの世界に…
はぁはぁ…


滑落しないように慎重に上ると勾配が緩くなってきてだんだん歩きやすく
なってきました・・難所は越えたか…やった…


…!!!!!!!
ねむいさん道を間違えて危険なバリルートを上っていたようです…
道理できついわけだわ…


そこからはほどなくして後山分岐にそしてさくっと舟木山頂上です☆


自然歩道のルートではないですがもちろん後山にも向かいます…!



岡山県最高峰、後山です…。
大馬鹿だからこんな北伐ちゃれんぢするのですよぅ!



今度は進路を西にとって自然歩道ルート上のダルガ峰を目指します…!


絶対に許さないよ
(いやらしい角度に傾きながら)



標高1000m越えの天空のトレイルを走っているとどんどん晴れてきました。
途中の鍋が谷山です。


走りやすい素晴らしいトレイル区間…最高…♥




遺跡みたいな岩がちりばめられている駒の尾山頂です。
振り返ると後山がもうあんなにはるか彼方に見えます…!



次は最後のピークダルガ峰をめざします…
だんだんススキが目立ってきました。



岡山県の区切りとなるピークダルガ峰に到着です…!
ごらんのとおり“だるがなる”とよむ不思議な山頂です。




ダルガ峰からは大量の薄に囲まれて下っていきます…。
途中のダルガ峰山小屋では私もメッセージを残してきました!





一瞬車道に出たと思ったら今度は大崩壊というか自然に帰った
山道に…おろしたてのトレランシューズがあああ!!




何とかやばい空間を躱して大茅スキー場に到着です。
雪はないですが大量のススキがお出迎えです☆



スキー場のふもとでは自販機があったのでここで後半戦を戦う装備を
整えました…!いざ!


お次は若杉原生林と岡山県境です…
600mまで降りちゃったのでまた約550mくらい登り返さないといけません☠



若杉原生林駐車場です。
ここにもくまさん警報看板が大量にありました。




若杉原生林をかいくぐる…!
ここを上り詰めるといよいよ岡山・鳥取県境がある若杉峠です。



そしてお地蔵さんがある若杉峠に到着です。



ここから先は鳥取県になります…
がいきなり熊よりやばそうな脅し文句が
…たいしたことないでしょねむいさんを誰だと思ってるのよ



鳥取県になってから突然激しくなる上り下り…
がぁぁああああぁっぁぁあ



足を踏み入れるものを遮る鳥取警告看板が再び目に入る…
しかしねむいさんのライブラリに撤退というメソッドはない!



ていうの嘘ですすみませんもう帰して…
芦津・吉川越えです…


んあこたぁわかっとるわい!です!YO!



うっかり足をつった状態で何とか上ってきた狩谷山です…
ここでアミノ酸と天日塩の補給で足の回復を行いました。



狩谷山からはさらに上って標高1200mに…がぁぁぁぁあぁっぁぁあ
でもさっきのアミノ酸と天日塩が効いて足はちゃんと動きますが



1200m超えた地点で急に下りになったちょっと先に車道が…
やっと解放された…と思ったら今度は懲役8kmのアスファルトが…


まぁ標高1100mからのえんえん下り道なので多分非常に気楽です。
ススキがきれいですね〜(必死の形相で



懲役8kmと思いきや意外と見るものがありました。
かつては林業や鉱業が盛んだったようですね。


とそれに気を取られてこの穴ぼこにやられるところだった!1!!!11
こけそうになったけどでんぐり返りじゃなくて前回り受け身で奇跡的に
ノーダメでクリア!



そのまま駆け下りていくと本日最後のトレイル"三滝区間"にやってきました。
水洗トイレもあったので最後の補給をして挑みます…!



何気なく進むといきなり激しい落差になって気が置けません。


?????




三滝ダムです。


対岸に渡りトレイルは進みます。


この区間の見せ場、三滝です。



あとは安全な道を通って今回最後のトレイル区間終了です…
暗くなる前に何とかここまで攻略できました…



あとはアスファルト道を駆け下りていくだけ!
うぉぉおおおおお!!


急速に暗がりが広がってきましたがトレイル区間は抜けたので
街灯もあったりしてライト使わなくてもへっちゃらです…☆



ていうのはうそです…どんどん暗くなってきたので熊鈴をしまって
代わりにライトを装備して進みます。



すっかり日が落ちて夜になったころに芦津バス停に到着です。
ここが次回のエントリポイントになります。
あとは走って智頭駅に向かうのみ!


ぁー星空めっちゃきれい
(写真が失敗したわけではない)


暗くてよくわかりませんでしたがここもかつての街道で史跡がたくさん
みられるようですね。



国道にぶつかって今度は国道沿い西に進路を取りひたすら走ります!!!
足もちゃんと走れてるからいまだ問題なし!!


千代川沿いに走っていると智頭駅の看板が!!!
あと少し!!!!!1!!



…ッッ着いた…!はるばる58劼鯆兇┐童境を越えて鳥取県の智頭駅に
ついにゴールしました…!そしてスーパーが閉まるギリギリだったので感慨に
浸る間もなくお土産と晩飯を買い込む…。



ちなみにさっきのはJRの智頭駅で智頭急行の智頭駅もあります。
智頭急行のほうに鎮座する駅娘のえりおさんは芋くてあんましかわいくn
カワイイ


運転手さんの計らいで休日割引料金1200円でで上郡に帰れたりちょっと
助かりました。そしてあとは新快速で京都まで夢の中…
今回も無事にタフな戦いを制しました!





そんなわけで中国自然歩道岡山の最難関をクリアして鳥取県まで進攻できました
が!今回は序の口でさらにやばい区間が待ち構えているのでしっかりリサーチを
重ねて体力をつけて挑もうと思います!!
ぁーその前に北陸地方は新幹線が敦賀に通ってしまうまでに優先的に攻略して
金沢まで到達したいのでそちらが優先になるかとおもいますという複数正面作戦
状態となりますがなんとか頑張ってみますよぅ



●2022.11.19 中国自然歩道(東粟倉〜鳥取県境〜芦津〜智頭)GNSSログ


Go to top of page