いろいろ試す38

今超くそ忙しくなってます…が、僅かな隙間を見つけて記事を更新し続けて行こうと
思います…!!!!


●ビルド・デバッグ環境構築をWin10対応に
昨年末に来年度からがむばりますと言いましたがようやく手を付けました…!
ARMマイコンのねむいさん流ビルド環境構築手順OpenOCDを使ったデバッグ
手順
のWindows10対応版です!

と言ってもXPでやってた頃とほとんど変わってませんけどね〜
皆様に「説明の意味がわからない」と評判だったねむいさん特有の言い回しとかは
まだ随所に残っていますが文章も見直してなるべくシンプルにするべく更新を続けて
いこうと思います…!

…ぇ?やっと10対応にしたのにWindows10の次のOS開発中ってマジですか…!?


●ARM-GCCの新しいのが出た
昨年末にARM-GCCが更新したばかりですがarm-none-eabi-objcopyがバグってihexが
出力できないという致命的な不具合を抱えていたのですがそれが修正されてリリース
となりました。本来なら1年くらいスルーされてるはずなのですが問題が大きくなり
すぎてGCC本家のアップデートに合わせてリリースされたようです。

今回のarm-none-eabi-objcopyはバグってエラー吐かずちゃんとihexが出力されます
ので皆さまも安心してお使いください。


●Windows10のクイックアクセスが憎いよう!!!!

なんでや…ドラッグアンドドロップで左ペインのディレクトリにファイルが
移動できない…orz

調べたら鬱陶しいクイックアクセスをレジストリ編集して消滅させたらこうなる
そうです…F*************CK!!!


●STM32H7Discoveryようやく市中に
待ってた…1年半くらい…
正確には「STM32H747I-Disco」ですがようやくmouserとかで買えるようになってますね〜
さっそくねむいさんも注文してみます!!!
来月位にH7の記事書けたらいいな〜と思います☆

3D-TLC搭載のマイクロン製産業用MicroSDを使ってみる

とある用事で大阪に降りた際に寄ったいつものPCショップでねむいさんが前から目を
付けていたMicron製のMicroSD(ややこしい)を発見し、早速入手しました!


諸般の事情で128GB‥かつてはこの容量だと10000円越えだったのに産業用でも
5000円以下となりずいぶんと安くなったものです…



正式な型番はMTSD128AHC6MS-1WTとなっております。
Micron公式では産業用向けとして紹介されており3D-TLCセルを使用した大容量・長寿命
を以てネットワーク監視カメラ用途を想定したものとなってりますが当然のことながら
ドラレコにも最適です☆
そして産業用ならでわのS.M.A.R.T.(以下SMART)も当たり前のように存在しており、
ねむいさんはもちろんそちらの方が目当てだったりしてました!


-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.1 x64 (C) 2007-2017 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 70.235 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 45.021 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 4.693 MB/s [ 1145.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 4.378 MB/s [ 1068.8 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 71.302 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 42.824 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 3.534 MB/s [ 862.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 3.475 MB/s [ 848.4 IOPS]

Test : 1024 MiB [H: 0.0% (0.0/116.1 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2019/06/07 21:17:20
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
Micron Industrial MicroSDXC 3D-TLC UHS-1 MTSD128AHC6MS-1WT ADR-3ML35BK USB3.0 uPF720202 M570RU
まずはPC上でベンチマークをとってみました
Sandiskの産業用(第三世代)と比べてみますとチマチマ書き込みがかなり強い印象がありますね(理由は後述)。

FatFs module test terminal for STM32F769NIH6
LFN Enabled, Code page: 932
AppVersion : W.I.P
Build Date : Jun 8 2019
>fg piano
rc=0 FR_OK
>fo 1 ftbt.mp3
rc=0 FR_OK
>fr 132949600
132949600 bytes read with 18452 kB/sec.
>fs
FAT type = exFAT
Bytes/Cluster = 131072
Number of FATs = 1
Root DIR entries = 17931
Sectors/FAT = 16384
Number of clusters = 951296
Volume start (lba) = 32768
FAT start (lba) = 49152
DIR start (lba,clustor) = 4
Data start (lba) = 65536

Volume name is MTSD128AHC
Volume S/N is DAD2-8E1E
...
1 files, 132949600 bytes.
0 folders.
121765888 KiB total disk space.
121635456 KiB available.
>ds 0
rc=0
Drive size: 243597312 sectors
Erase block size: 8192 sectors
Default r/w block size: 512 bytes
Card type: SDv2(Block)
CSD:
00000000 40 0E 00 32 5B 59 00 03 A1 3F 7F 80 0A 40 00 0F @..2[Y...?...@..
CID:
00000000 09 41 50 4D 42 35 33 41 01 E1 00 6F 10 01 28 C5 .APMB53A...o..(.

Parsing SD CID Register
Manufacturer ID :0x9
OEM/Application ID :AP
Product Name :MB53A
Product HwRev :0
Product SwRev :1
Serial Number :0xE1006F10
DateCode.Month :8
DateCode.Year :2018

OCR:
00000000 C1 FF 80 00 ....
SD Status:
00000000 80 00 00 00 08 00 00 00 04 00 90 00 01 33 19 00 .............3..
00000010 00 00 00 00 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000020 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000030 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
SCR:
00000000 02 45 80 43 01 00 00 00 .E.C....

Parsing SCR
SD Spec Version :2
SD Spec Version 3 :1
SD Spec Version 4 :0
SD Spec Version X :1
SD Security :4
SD Bus Width :5

SD_Spec V5.xx!
Detected as SDXC Card!
Available UHS-I Mode.
Available UHS Speed Class U1.
Available SD Speed Class 10.
Video Speed Class NOT Supported.
Available Application Performance Class1, A1 Card.
お次はねむいさんのいつものでカード情報を読み出してみました。
FatFs移植例も7月更新分からSDカードのサポート情報の細分化を進めており各種スピード
クラスのサポート状況が分かるようになりました。
このMicron製の奴はカード本体には記載はないのですがA1クラスサポートとなってお
ります。いちおう公式でもA1対応と言っておりますが製造時にロゴのレタリング追加
するの忘れちゃっただけなんでしょうけど。

そしてこのマイクロSD買ったメインの目的のSMART情報の取得です!
このカードではDelkinやSandiskと同じくCMD56でSMART情報の取得が可能なのですが、
なんと公式に資料を公開しており超太っ腹です!こちらの資料によるとCMD56の引数は
0x110005FBとなります。これを引数にしてCMD56を打ち込んでやると無事SMARTの
情報を取ることができました♥(もちろんSPI互換モードでも獲れます )
こちらに読みだした生データを置いておきますのでご参考に。




今回SMARTをとるにあたり上のテクニカルノート見て気づいたのですがこのMicron製の
奴はNANDメモリセルが3D-TLCなのですが一部はSLCのようなんですよね…
"Internalbuffer"としてどういう使い方するかによりますがFAT/exFATファイルシステムで
使用する際に先頭にある書き換えが激しいFAT領域まではSLCの区画を使用して比較的
消去サイクルが少ないデータ領域に関しては3D-TLCの区画が使用されている…
…といった感じなのでしょうか???
そしてSLCの区画をバッファとして使用することによってチマチマ書き込みも
強化されている感がしますね。

こういったハイブリッドなメモリセル構成にすることでコストパフォーマンスと信頼性を
同時に確保して大容量化を目指す路線が今後のSDカードで流行りそうですね〜
SDUCでの最大容量が128TBだそうですが近い将来にあっさり到達してしまいそうです。

OpenOCD小ネタ25 -STM32F746G-Discoveryでステップ実行が上手くできない件-

令和明けましておめでとうございます。
今年は明けましておめでとうが2回もあった年なわけですが新元号明けたとたんに
景気が悪くなりだしてヤッパつれぇわ
…ってダジャレ言いたかっただけです。




さてOpenOCDも地味に着々と更新が加わっておりますが4月頭にCortex-M7初期
リビジョンでデバッグのステップ実行時に強制的に割り込みでブレークがかかる
という難儀なエラッタ
に対する回避策が講じられた模様でねむいさんもさっそく
試してみることにしました。

STM32F746G-Discvoeryがそのエラッタ持ちのシリコンのSTM32F7の品種なので
これで実験してみます。


無対策の場合では私のプログラムの場合、ステップ実行で最初のprintf関数まで
実行したら強制的にUARTのIRQに飛んで行ってしまいます。これが上記のバグ
の具体的な影響となります。現在のOpenOCDではこれに対して強制的にブレークが
掛からないようにする回避策の修正を加えられています。はずです!


回避策の使い方はopenocdの起動時のコマンド引数若しくは起動時に読み込むcfg
ファイルに"cortex_m maskisr steponly"を沿えるだけとなっております。
しかし、cortex_mコマンドはSTLink等のHLAでは使用不可能な固有コマンドです…
STM32F746G-DiscvoeryはSTLink/V2一体型…orz


そんなわけで改造してみます。SWDがつながっているジャンパ抵抗を外し外に引きだ
しができるようにします。
今回使用する外部のデバッガアダプタはJ-Linkに化かしたLPC-Link2です。


それでは開始…!

ぁれ…またUARTのIRQで止まってる…orz

いろいろ調べましたがstepi(=アセンブラの1命令単位のステップ実行)は問題ない
ようでしたが、C言語ソースレベルのやつ(=step)が駄目orz



というわけで私のいつものでSTM32F746G-Discoveryを使う際はUARTを割り込み
なしのポーリングの設定(uart_support.h参照)に替えてデバッグしていただきたく
思います…!

近畿自然歩道を往く −平成最後の熊野古道詣で‐

平成がついに終わり新元号令和が降臨しますね…
そして熊野古道伊勢路も着々と確実に新宮に近づいてまいります…!



●2019.03.30 近畿自然歩道(船津〜尾鷲)


虹裏メイドの朝はちょっと遅い。
近鉄ではるばる松阪までそして紀勢線に乗り換え船津へ…!


やっと紀伊長島に…なぜか電車は小休止し
ここで痛恨の30分休憩に…



ぁー長旅つかれた!今回はこれにて終了!



そんなわけで12時前にやっとこ船津駅からスタートです!



道路わきにはすでに満開になっている桜がお出迎えです☆
天気も良くなってくれるとよいのですが…!?


このあたりは種まき権兵衛なる人のゆかりの地だそうで…



桜の花見てて飽きませんね〜♥
でも今回のタイムリミットは14:25、急がなくてはいけません!


どこにでもあるカッパ…


おっ、日が出てきた!


相賀駅に近い相賀神社です。



はまぐり石なるものがある真興寺です。
カナブンさんちょっと無理しすぎです


うおーもっと晴れろ―!


よせばいいに種まき権兵衛の里に寄り道する私(死亡フラグ)


銚子川です。滅茶苦茶きれいで奇跡の川と言われています。


種まき権兵衛の菩提寺宝泉寺です。





すっかり晴れ渡り桜の花が冴えるようになってきました♥



ねむいさん発掘石畳なるものを捜索していたのですが
頭がパーンな教団の建物のわきに石畳道が隠されていました!
下から探したら見つからなかったらもういい加減にしろって感じだよ(CV:久本雅美)



さてついに当時のメインの馬越峠の攻略にかかります!
世界遺産に指定され、完璧に整備されております。



昔から使用されてきた石畳道が良い雰囲気ですね〜



途中小川や林道をクロスしていきます。




ほどなくして馬越峠に到着です…!
こちらは便石山や天狗倉山への中継地点となっています。




そして一気に下りにかかります…!
下りの石は滑りやすくて超注意です!



尾鷲側の登り口まで降りてきました。
行者堂や滝もあります。



さらに降りていくと道が開け尾鷲の町が見てきます。



結構高い場所に津波供養碑があります。
あちこちに津波の避難路もあり津波対策は近年さらに強化されているようです。



北川を横切ります。


次は八鬼山(やきやま)。一か月後に再び来るでしょう。


尾鷲駅に到着です!しかし交通費節約で尾鷲からバスで帰るつもりでしたが…
乗る場所勘違いして思いくそ乗り過ごしたorz




仕方がないので先回りして船津駅で降りて近くのバス停でバスを待ちかまえますorz
それでも交通費滅茶苦茶圧縮できるので〜!



蛭子さんも真っ青の長距離路線バス旅…
途中の奥伊勢おおだいで地元の名産をゲッツです!


ようやく松阪につきました…まだ京都まであるんですけど
天気が崩れ始めましたがトレランしている時だけ晴れてくれてマジ奇跡でしたね…!






●2019.04.27 近畿自然歩道(尾鷲〜三木里)




前線基地松阪駅で空腹に耐えかね買ってしまった…
そして長旅へ…


前回は在来線乗ったせいで足止め喰らいましたが特急南紀なら大丈夫…
と思いきやこいつも紀伊長島で10分休憩!!!すざけんあ!1!!11


今回は海抜0mから622mまで登る結構しんどいルート!
しかもリミットは14:20くらい!いそ意でスタートです!1!!




序盤は尾鷲の町をかいくぐります。
この地域の熊野古道はやのはま道と呼ばれているようです。



入り組んでるので間違えないように注意していましたが
やっぱりルートミスしたorz地図読みを駆使して復帰にかかりますorz



道標歌碑のある場所でようやく正規ルートと合流しました。


石油プラントを横目にアスファルト道を上ると八鬼山登山口が見えてきます。


さぁのぼりの開始だ!
視界も開けていい雰囲気ですね〜ソーラーパネル以外は###


道は森に突入し石畳道が出迎えてくれます。



途中で説明看板がありますが、ゴットン岩が有名らしいです。
確かにゴトゴト言います。



道はだんだん急になっていきますが雰囲気の良い石畳道で飽きさせません。



七曲りという場所からきつくなってきます。でもここを越えたら頂上までわずかです。


桜茶屋一里塚です。


蓮華石と烏帽子石です。
こんな感じで町石や史跡がたくさんあります。



九鬼峠です。
こっから三宝荒神に向かいます。



八鬼山三宝荒神です。



八鬼山峠に到着です。
実質上の頂上となります☆


八鬼山峠のごく近くに八鬼山頂上が隠されています。



八鬼山峠から少しくだった桜の広場なるばしょは
壮大な熊野灘が一望できます!!!
これはすごい…!



ですがあんまり居座る時間はなくそそくさと降りていきます。
いそげ〜〜!



降りてきたみちは江戸道ですが未整備の明治道と再合流した時点で
ほぼ登山道は終わりとなります。



道は林道になり名柄一里塚を越えると走りやすい道に変わります。


振り返って八鬼山を…いずれまた来るでしょう…!



そしてさらに駆け下りて海抜0mの三木里海岸に…!
ここも白浜の白良浜並みに超綺麗な海岸が続いています…!!!!


ですが長居するわけには (ry
あと10分…いそげ〜〜!



はぁはぁ…何とか時間までに三木里駅につきました…
ちなみに電車は2分遅れてました…



そしてまたバスで帰るためにJRで先回りです…!
またまた船津で降りて着替えをしてバス亭に向かいます。


熊野市までは三重交通の株主優待拳が有効なので使い倒しますよぅ〜!



今回の奥伊勢おおだいはおにぎりとおつまみと和紅茶です!



そして松阪に…いつもの牛さんできっちり締めて
帰りの近鉄でおおだいで買ったチーズかまぼこを堪能しました…写真は酒ですがー!


というわけで平成最後のトレランと桜めぐりと熊野古道詣でを〆ました。
令和になっても(交通費稼いで)バリバリ攻略していきますので4649!

近畿自然歩道(船津〜尾鷲) GPSログ


近畿自然歩道(尾鷲〜三木里) GPSログ


Go to top of page