大緊急事案!!!1!Raspberry Pi Picoはぢめました!!1!!1

●なにっ

超小型linuxPCの代名詞となったRaspberryPiですがNanoに加えてPicoなるものも
ラインナップに加わりました!!
秋月電子通商さんで550円ですでに販売されており、すでに手に入れられた方も
いるかと思います。ねむいさんも早速購入していぢって見ることにしました!!!



基板としてはRaspiNanoよりも一回り小さいサイズとなっております。


MPUはARMのCortex-M0plusのデュアルコア構成、Raspberry財団のロゴがレーザー
マーキングされた特製のものとなっております!
しかもM0+のコアながら100MHz越えの高速クロックで動く代物です!!
※細かいスペックは次回以降に紹介します。


●とりあえず動かしてみる

USB-microコネクタから給電するとフラッシュに何も書いてないときもしくはBOOLSEL
ボタンを押しながら給電するとマスストレージとして見えます。binファイルではなく
uf2(USB Flashing Format Data)をドラッグアンドドロップすることにより内蔵フラッシュ
に書き込まれるようです。

RaspiPicoの公式ページにはGettingStartとしてこのD&Dで始める方法が紹介されており
動作確認用のuf2ファイルも落とせます。
これでLチカを確認できます。


●プログラムのビルド方法は?
同じくGettingStartedに方法が書いてあります。OS間で共通する項目はSDKを使いCMAKEと
Pythonでmakefileを生成してビルドするということです…
…CMAKEってねむいさん嫌いなんですよね…記述がちょっとでも抜けてたら思った通りに
動作しなくて…Raspiなので基本的にLinux系OS下のビルドを前提としています

幸いにもWindows環境下のビルド指南もしております。
もちろんCMakeとPythonとVisualStudioCodeが必要です。が、ねむいさんは中途半端に
MSYSのOpenOCDビルド環境を持っているのでそちらと折半してビルドしてみました。



(格闘すること2時間後)
あああもうめちゃくちゃだよ
make一発で出来るようにシンプルなライブラリの構成にしてほしかった…!
しかも一度に全部のプロジェクトをビルドしやがるのでものすごく時間がかかります。
※ねむいさん式RaspiPicoビルド環境は次回以降に(またかいな


●ビルドしたやつをどう書き込むのか?
ビルドしたプログラムを書き込むだけなら上記のUF2ファイルをマスストレージ
モードでD&Dで書き込む方法がありますがねむいさんがそんなので済ませるわけは
ありません!!!

Cortex-M0+コアなのでOpenOCDが使えるはずです…がデュアルコアかつSWDオンリー
なので無理か…と思いきやRaspberryPi公式でOpenOCDをRP2040用にForkしており、こちらは
なんとマルチドロップSWDとRP2040のフラッシュ書き込みドライバの対応済です!!


画像の上部に写ってるイラスツは気にしてはいけない。
RP2040用の書き込みcfgも作成してRaspiPico専用OpenOCD+JTAGKey2を使ってRaspiPicoに
elfファイルを書き込みせしめることに成功しました!!!!
ログはこんな感じになります。

> "C:¥Devz¥Coreutils¥bin¥make.exe" program
openocd-pi -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f interface/jtagkey2_swd.cfg -f target/rp2040_swd_flash.cfg -c "mt_flash blink.elf"
Open On-Chip Debugger 0.10.0+dev-gf8e14ec97 (2021-02-07-14:35)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
Info : FTDI SWD mode enabled
Info : Hardware thread awareness created
Info : Hardware thread awareness created
Info : RP2040 Flash Bank Command
Info : clock speed 1000 kHz
Info : SWD DPIDR 0x0bc12477
Info : SWD DLPIDR 0x00000001
Info : SWD DPIDR 0x0bc12477
Info : SWD DLPIDR 0x10000001
Info : rp2040.core0: hardware has 4 breakpoints, 2 watchpoints
Info : rp2040.core1: hardware has 4 breakpoints, 2 watchpoints
Info : starting gdb server for rp2040.core0 on 3333
Info : Listening on port 3333 for gdb connections
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0xf1000000 pc: 0x000000ee msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0xf1000000 pc: 0x000000ee msp: 0x20041f00
Info : RP2040 B0 Flash Probe: 2097152 bytes @10000000, in 512 sectors

target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
Info : Writing 16384 bytes starting at 0x0
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000178 msp: 0x20041f00
shutdown command invoked

> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 00:01



そんなわけでとりあえずほんとに基本だけ紹介してみましたが次回以降は
RP2040のMPUスペックやメモリ構成などの深い部分に突っ込んでいこうと思います!


それに先立ってRaspiPico(RP2040)用のOpenOCDバイナリを公開いたします。
ねむいさんのいつものOpenOCDバイナリに書き込み用cfgとともに同梱しておりまので
どしどしご利用ください!!!!

↑RaspiPico専用OpenOCD:openocd-pi.exe
 同じく専用cfg:target/rp2040_swd_flash.cfg

今更STM32G0はぢめました

皆様あけましておめでとうございました!!
今年は初詣期間が2か月くらいあるそうなので全然遅くはないですね(手遅れ



さて、先月さらっと紹介したSTM32G0、秋月さんのところで9月に発売されていたのを
12月にようやく手に入れ、そして今ようやく記事にしてみた次第です。



STM32もついに8pinの世界に足を踏み入れてしまいましたがコアのほうもCorte-M0
じゃなくてM0+にパワーアップしています。しかしながらメモリ容量32kb、SRAMも
8kbもあるという小さなボディに大きな力を秘めているわけです!!


メモリ構造も慣れ親しんだSTM32の伝統のアドレス配置で移植も苦ではありません!


このマイコン用のプロジェクトの作成に当たってはSTM32G0-DISCOを参考にさせて
もらっております。

しかしピン数さすがに少なすぎできついですねこれ…どうしたらいいものか…



7,8ピンはSWDで潰れる…そして6ピンはLEDに使用済み…
この小規模なマイコンでもきることはやはり一つ…!I2C!!
PA9がリマップ済みになってるようなので用検討ですね…


ひとまずLチカできるレベルのプロジェクトをF0のプロジェクトをベースに拵えて
見ました…確認用の基板もやっけつ仕事で昔のLPC810基板に乗っけました。

デバッガの接続は定番のSWDです。8PinがSWCLK,7PinがSWDIOあとは電源の配線を
すればつながります。また、購入直後のSTM32G0の接続ではnReset(4Pin)の接続は
特に不要です!(重要)将来的にnResetをGPIO化して使う際には逆に邪魔になって
しまいますので…


OpenOCDはすでにG0シリーズの多くに対応しております。ねむいさんもG0用のフラッシュ
書き込み用のcfgを作成しました。すでにOpenOCDのバイナリに収録済みです!


まずはVersaloonで書き込みしたところです。

> "C:¥Devz¥Coreutils¥bin¥make.exe" program
openocd -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f interface/vsllink_swd.cfg -f target/stm32g0x_swd_flash.cfg -c "mt_flash main.elf"
Open On-Chip Debugger 0.11.0-rc1+dev-00032-gbd1adcffe (2021-01-23-19:37)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
Info : VSLLink SWD mode enabled
swd
Info : Versaloon(0x15)by Simon(compiled on Sep 16 2014)
Info : USB_TO_XXX abilities: 0x0000176E:0x010001EF:0xC0000007
Info : clock speed 500 kHz
Info : SWD DPIDR 0x0bc11477
Info : stm32g0x.cpu: hardware has 4 breakpoints, 2 watchpoints
Info : starting gdb server for stm32g0x.cpu on 3333
Info : Listening on port 3333 for gdb connections
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0xf1000000 pc: 0x08000c9c msp: 0x20002000
Info : device idcode = 0x10016466 (STM32G03/G04xx - Rev Z : 0x1001)
Info : flash size = 32kbytes
Info : flash mode : single-bank
Info : Padding image section 1 at 0x08000eac with 4 bytes (bank write end alignment)
Warn : Adding extra erase range, 0x08000eb0 .. 0x08000fff
Info : wrote 3760 bytes from file main.elf in 0.188402s (19.490 KiB/s)
Info : verified 3756 bytes in 0.029309s (125.148 KiB/s)
shutdown command invoked

> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 00:01



Win10ではレジスタウインドウ使えませんがInsightのデバッグもすいすい
できちゃいます。


お次はSTLink(STM32-NucleoのSTLink/V2-1)でHLAデバイスとして書き込んでみます。
> "C:¥Devz¥Coreutils¥bin¥make.exe" program
openocd -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f interface/stlink.cfg -c "transport select hla_swd" -f target/stm32g0x_swd_flash.cfg -c "mt_flash main.elf"
Open On-Chip Debugger 0.11.0-rc1+dev-00032-gbd1adcffe (2021-01-23-19:37)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
hla_swd
Info : The selected transport took over low-level target control. The results might differ compared to plain JTAG/SWD
Info : clock speed 500 kHz
Info : STLINK V2J33M25 (API v2) VID:PID 0483:3752
Info : Target voltage: 3.272439
Info : stm32g0x.cpu: hardware has 4 breakpoints, 2 watchpoints
Info : starting gdb server for stm32g0x.cpu on 3333
Info : Listening on port 3333 for gdb connections
Info : Unable to match requested speed 2000 kHz, using 1800 kHz
Info : Unable to match requested speed 2000 kHz, using 1800 kHz
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0xf1000000 pc: 0x08000c9c msp: 0x20002000
Info : device idcode = 0x10016466 (STM32G03/G04xx - Rev Z : 0x1001)
Info : flash size = 32kbytes
Info : flash mode : single-bank
Info : Padding image section 1 at 0x08000eac with 4 bytes (bank write end alignment)
Warn : Adding extra erase range, 0x08000eb0 .. 0x08000fff
Info : wrote 3760 bytes from file main.elf in 0.156605s (23.447 KiB/s)
Info : verified 3756 bytes in 0.031977s (114.706 KiB/s)
Info : Unable to match requested speed 2000 kHz, using 1800 kHz
Info : Unable to match requested speed 2000 kHz, using 1800 kHz
shutdown command invoked

> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 00:01


こんな感じでサクッと書くこむことができます。


ということでSTM32も8bitマイコンの牙城に続々と乗り込んできたおかげで
小粒マイコンも立派にSTM32として使えるような局面が出てくると思います。

今回はLEDの点滅だけですが豊富なメモリ資源とCPUスピードを利用してI2C
デバイスの制御にちゃれんぢしてみようと思います!

注:プロジェクトはまだ作成中のためもうしばらくお待ちください。

いろいろ試す46(+2020年反省会)

ねむいさんは悪くない全部コロナのせい全部!
反省会終了!





さて本題に入ります…




●OpenOCD最近の更新トピック
日々着実に機能を増強しているOpenOCD。ここ数か月の更新でめぼしい更新を
ピックアップしてみます。

1.QSPI/OCTOSPIのサポートがついに公式実装!!
何年待たせたんだYO!
ねむいさん待望のQSPI-ROMのOpenOCDからの読み書き機能がようやく公式に
マージされる運びとなりました。ねむいさんのSTM32F7やH7の作例でmakefile
みたら気付いた方もいると思います。一応以前からパッチを当てたビルドは
公開していたのですがなかなかにっちにな需要だったので表の出さずにして
おきました。

公式マージにあたり、若干の動かし方の差異が発生してましたのでこちらで
吸収しております。

makefileは516行目から、

実際に書き込みに使用するOpenOCDのcfgは私のバイナリ同梱のstm32h7disco_dap_flash.cfg
の170行目くらいを参考にしてください。

実際にQSPI-ROMに読み書きした様子はこんな感じです。
↓mass_eraseの時

> "C:¥Devz¥Coreutils¥bin¥make.exe" program
openocd -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f target/stm32h7disco_dap_flash.cfg -c "eraser_qspi"
Open On-Chip Debugger 0.11.0-rc1+dev-00010-gc69b4deae (2020-12-27-08:37)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
force hard breakpoints
Info : STLINK V3J4M2 (API v3) VID:PID 0483:374E
Info : Target voltage: 3.219171
Info : Unable to match requested speed 1800 kHz, using 1000 kHz
Info : Unable to match requested speed 1800 kHz, using 1000 kHz
Info : clock speed 1000 kHz
Info : stlink_dap_op_connect(connect)
Info : SWD DPIDR 0x6ba02477
Info : stm32h747xih6.cpu0: hardware has 8 breakpoints, 4 watchpoints
Error: stm32h747xih6.cpu0 -- clearing lockup after double fault
Polling target stm32h747xih6.cpu0 failed, trying to reexamine
Info : stm32h747xih6.cpu0: hardware has 8 breakpoints, 4 watchpoints
Info : starting gdb server for stm32h747xih6.cpu0 on 3333
Info : Listening on port 3333 for gdb connections
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0xfffffffe msp: 0xfffffffc
Info : flash1 'micron mt25ql512' id = 0x20ba20 size = 65536kbytes
Info : flash2 'micron mt25ql512' id = 0x20ba20 size = 65536kbytes
shutdown command invoked

> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 00:02

↓FontX2ファイルなどのバイナリファイルを書き込んだ時
> "C:¥Devz¥Coreutils¥bin¥make.exe" program
openocd -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f target/stm32h7disco_dap_flash.cfg -c "mt_flash_qspi lib/FONTX2/inc/fonts/ILFONT/ILGZ24XF.FNT 0x90010000"
Open On-Chip Debugger 0.11.0-rc1+dev-00010-gc69b4deae (2020-12-31-18:42)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
force hard breakpoints
Info : STLINK V3J4M2 (API v3) VID:PID 0483:374E
Info : Target voltage: 3.217121
Info : Unable to match requested speed 1800 kHz, using 1000 kHz
Info : Unable to match requested speed 1800 kHz, using 1000 kHz
Info : clock speed 1000 kHz
Info : stlink_dap_op_connect(connect)
Info : SWD DPIDR 0x6ba02477
Info : stm32h747xih6.cpu0: hardware has 8 breakpoints, 4 watchpoints
Info : starting gdb server for stm32h747xih6.cpu0 on 3333
Info : Listening on port 3333 for gdb connections
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x01000000 pc: 0x08050484 msp: 0x20020000
Info : flash1 'micron mt25ql512' id = 0x20ba20 size = 65536kbytes
Info : flash2 'micron mt25ql512' id = 0x20ba20 size = 65536kbytes
Info : Device: STM32H74x/75x
Info : flash size probed value 2048
Info : STM32H7 flash has dual banks
Info : Bank (0) size is 1024 kb, base address is 0x08000000
Info : Device: STM32H74x/75x
Info : flash size probed value 2048
Info : STM32H7 flash has dual banks
Info : Bank (1) size is 1024 kb, base address is 0x08100000
Info : wrote 636586 bytes from file lib/FONTX2/inc/fonts/ILFONT/ILGZ24XF.FNT in 17.585402s (35.351 KiB/s)
shutdown command invoked

> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 00:19



QSPIの読み書きに関しての注意点ですが現状は完全安定とは言えず、消去や
書き込みを行う度に電源を投入しなおさなければなりません。
いずれは解決されるでしょうがこの点だけはご留意ください。


2.ST-Linkで16bitのメモリ読み書きが実装される
何年待たせたんだYO!もう7年くらいたってるYO!
今更もう遅いよぅ!!!

FM3のフラッシュコントローラたたく以外に何の用があるのか!?
今となっては使い道が分かりません…

●arm-gcc定期更新
arm-gccも12月に更新掛かってました
主な変更点はついにGCC10.0になったことでしょうか。

とりあえずSTM32H7のビルドサイズの比較…
↓前回の
arm-none-eabi-gcc (GNU Tools for Arm Embedded Processors 8-2019-q3-update) 8.3.1 20190703 (release) [gcc-8-branch revision 273027]
Copyright (C) 2018 Free Software Foundation, Inc.
Built Object Informations:
=== Total Binary Size ===
text data bss dec hex filename
0 768116 0 768116 bb874 main.hex
=== Verbose ELF Size ===
text data bss dec hex filename
765464 2652 2383344 3151460 301664 main.elf
main.elf :
section size addr
.text 0xbaca0 0x8000000
.ctors 0x0 0x80baca0
.dtors 0x0 0x80baca0
.ARM.exidx 0x8 0x80baca0
.itcm 0x170 0x0
.data 0xa5c 0x24000000
.bss 0x11c68 0x24000a60
.heap 0x0 0x240126c8
.dtcm 0x20c 0x20000000
.stack 0x4 0x2000020c
.ram1_d2 0x0 0x30000000
.ram2_d2 0x0 0x30020000
.ram3_d2 0x0 0x30040000
.ram4_d3 0x0 0x38000000
.batram 0x0 0x38800000
.extram 0x233f78 0xd0000000
.qspirom 0x0 0x90000000
.comment 0x76 0x0
.debug_aranges 0x4d48 0x0
.debug_info 0x186579 0x0
.debug_abbrev 0x1f290 0x0
.debug_line 0xba997 0x0
.debug_frame 0x16ca8 0x0
.debug_str 0x1c2fb 0x0
.debug_loc 0x1439d1 0x0
.ARM.attributes 0x32 0x0
.debug_ranges 0x1dc00 0x0
Total 0x6fab68



> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 02:09

↓今回の
arm-none-eabi-gcc (GNU Arm Embedded Toolchain 10-2020-q4-major) 10.2.1 20201103 (release)
Copyright (C) 2020 Free Software Foundation, Inc.
Built Object Informations:
=== Total Binary Size ===
text data bss dec hex filename
0 770912 0 770912 bc360 main.hex
=== Verbose ELF Size ===
text data bss dec hex filename
768260 2652 2383336 3154248 302148 main.elf
main.elf :
section size addr
.text 0xbb780 0x8000000
.ctors 0x0 0x80bb780
.dtors 0x0 0x80bb780
.ARM.exidx 0x8 0x80bb780
.itcm 0x17c 0x0
.data 0xa5c 0x24000000
.bss 0x11c60 0x24000a60
.heap 0x0 0x240126c0
.dtcm 0x20c 0x20000000
.stack 0x4 0x2000020c
.ram1_d2 0x0 0x30000000
.ram2_d2 0x0 0x30020000
.ram3_d2 0x0 0x30040000
.ram4_d3 0x0 0x38000000
.batram 0x0 0x38800000
.extram 0x233f78 0xd0000000
.qspirom 0x0 0x90000000
.comment 0x4d 0x0
.debug_aranges 0x4d20 0x0
.debug_info 0x118dd1 0x0
.debug_abbrev 0x18cba 0x0
.debug_line 0xb91af 0x0
.debug_frame 0x13678 0x0
.debug_str 0x1bc3c 0x0
.debug_loc 0x14a497 0x0
.ARM.attributes 0x32 0x0
.debug_ranges 0x1cd68 0x0
Total 0x687fd4



> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 02:07

う”…サイズ増えてる…

実はちょっと困ったことがあってGCC10.0に上がったせいでChaN氏のFatFsで
ワーニングが出ちゃっています。

↑2048行目でワーニングが出てしまっています。
これは配列のインデックスが0からさらにデクリメントされる
コードが実行されると推測されてときに発動されるようです。
	/* itoa (hexdecimal) */
i = 7;
do {
c = (BYTE)((seq % 16) + '0');
if (c > '9') c += 7;
ns[i--] = c;
seq /= 16;
if(i==0) break; /* Nemui */
} while (seq);
ns[i] = '~';

↑インデックスが0の時の判定文追加してお茶を濁してます…
ChaNさんこれ見てたら効果的なワーニング対策お願いします!11!!!


あとこれは気にしないでいいらしいです…


それとSTM32F7discoveryにおいて最適化の問題に引っかかって正常に
LCDが表示されなくなる現象が発生してしまったのですがpragmaで最適化を
切って対処してます…もっといい方法があるかもしれませんが今はこれが
最適解…



●秋月でSTM32G0、STM32L0追加!!
なんと秋月さんよりSTM32L0と8pinのSTM32G0が追加されてます!!


実はすでに入手して動作確認も行ってますがここで話すには多すぎる
内容ですので次回以降にこうご期待!!!!


●安価なAVR128DA48評価ボードゲッツ!

AVRの正当進化系のAVR128シリーズ。
AVR128DA48の超格安の評価ボードを手に入れました!!
その名もAVR128DA48 Curiosity Nano!!!
しかも電圧変換機能を持ったmEDBGつき!!

もうAVRライタは作る時代から安価で買う時代に変遷してしまいましたね〜

ちなみにavrdudeはビルドインされたmEDBGとAVR128シリーズには対応して
なかったのですが神パッチによって自由自在にできるようになっております!!

こちらもSTM32G0と同じく来年みっっっっっっっっっちりと特集させてもらい
ますので期待してお待ちください!!

と言いたいところですが先行でAVR128DA48 Curiosity Nanoに対応したavrdudeを
公開しております!!!興味がある方はどんどん使ってください!!!









…というわけで今年も駆け込みでばたばたしてしまいましたがたくさん
買い込んだマイコンやセンサ基板とかの評価も来年も進めていきたいと思います…
皆さまもよいお年を〜


















>ねむいさん‥‥DropBoxの見えなくなった画像ノホウハ…
来年から本気出す!!!!!1!!

近畿自然歩道を往く -GoTo駆け込み!本州最南端の戦い!-

コロナウイルスが猛威を振るいGoToトラベルも12/28でいったん終了となってしまい
ました。ねむいさん一行はちょうど27日に宿の予約を入れていたためにキャンセル
とかは回避できて予定通りに格安移動ができることとなりました☆
ほんとうに悪運が強い私。


●2020.12.28 近畿自然歩道(串本・潮岬)

二次裏メイドの昼は遅い。
18きっぷの長い長い旅…前回よりはだいぶましですが。



前日泊の場所、周参見駅に到着です。
なんか萌えキャラができてるー!?



十分時間があるので周参見駅周辺からいつも見てた穂積島を散策しようと
思ったら…ここ聖域で立ち入りできないのですね…


とりあえずギリギリ近づける場所まで行って鳥居撮ってみました


猫ちゃんもモフりまくる




サンセットすさみに泊まりました。
2017年にここの日帰り温泉利用して今度は泊まってみたいと思ってましたので
しかも串本よりも宿泊費用が安いのも後押しです!




♨に浸かった後改めで周参見周辺を散策です。
周参見王子神社に明日の無事を願ったりオン崎から夕陽を見たりしました。




―――――――――――そしてその夜、
紀伊半島に大雨が降った…







…雨ですか…
ま、まぁいいでしょう小雨ですし多分すぐに止む
とりあえず串本駅に移動して今年最後のトレランのスタートです。



串本に来たらおなじみの無量寺です。



ここから熊野古道を外れさらに南下して半島に向かいます。
潮崎本の宮神社です。


南の果ての串本は旧日本軍や自衛隊の基地がたくさんあります。


くしもと大橋です。
ここから先も近畿自然歩道の別ルートがありますがここは次のお楽しみです。


上から天然水が落ちてくる波切不動尊です。




少しルートを外れ朝貢神社です。
神社裏には綺麗な磯が見られます。晴れてたらもっとよかったのですが〜



ルートに戻って続行です。
細い民家の路地裏をかいくぐりついにトレイルに差し掛かります!!


(7分後)
本日のトレイル区間これにて終了〜!



森の中の山道を縫って進みます。おそらく昔からの生活道路かと思いますが
途中にお地蔵さんや祠もありました。


森を抜けて住宅街に出てきました。
うぉぉちょっと晴れてきた!?


で、道なりに進むと間違った方向にたどり着いてしまうのですが、
ここはマジで初見殺しだと思います…。
今回も道標なんで全然ありませんでしたし。



そして潮岬の先っちょへ…!
どんよりとした雲がどんどん無くなって晴れてきました!!




ここ潮岬観光タワーではオスマン帝国の軍艦エルトゥールル号の難破救助
の資料を展示しています。そんなわけで今でもくっしーはテュルクと仲が良いのです。



ここからさらに南下して本州最南端の石碑に…!
ついにここまできたぞ〜!



すごい勢いで雲も晴れてきてついに日差しも復活です!



近畿自然歩道はここ潮岬の南端近くのバス停で終了ですがもちろん
まだまだ私は進みます!



ここに来たら外せない潮岬灯台へ向かいます。




潮岬灯台前の御崎神社と鯨山見です。
快晴になってまさに絶景ですね〜!


そして潮岬灯台です。ここも人が多い。



潮岬灯台から別ルートで串本市街に戻ります。
晴れ過ぎて日差しが痛いくらいです!



ラムサール条約批准地とかいう駐車場から串本市街とゴール地点の橋杭岩が
はっきり見えます!激下り!(といっても今回高低差80mですが)


串本市街まで下りてきました。
時間も13時を回ったところで十分余裕があります。



橋杭公園と海水浴場に差し掛かりました。
なんかへんてこな案内看板ができてる…



くしもと大橋が遠くに見えますね〜
また近いうちに橋超えのルートは攻略しようと思います!



橋杭岩に到着です…この辺りの海水もめっちゃくちゃ透明度高くてきれいです☆



とりあえずGoToクーポン使ってアイスバーと地酒は大量ゲッツです!!
そのせいで結構ペイロードが…


さて、次来るときは家族みんなで来ようかなと思いますがコロナ減少とGoTo復活
を願うばかりです。



そして串本駅に戻って京都まで長い期間の旅です。
おつかれ〜〜♨


そんなわけで12月半ばの玉置神社で全力出し切ってしまったので今年最後のトレランは
お気楽な串本観光ルートとさせていただきました。本来なら半島全周するべきですが
くしもと大橋を越えるルートも手応えありそうなので後の楽しみに取っておきますよぅ

とりあえずあれだ、コロナ退散とGoTo復活を祈願しないとこれからますます激しくなる
熊野参詣もままならないので真剣に祈ります!11!!!



注:年末の反省会で詳細は話しますが国土地理院の規制が緩和されて申請不要になりました。
●2020.12.28 近畿自然歩道(串本・潮岬)  GPSログ

Go to top of page