近畿自然歩道を往く(熊野古道伊勢路(紀伊長島〜三野瀬〜船津))

先月苦闘した熊野脇道と合流して熊野古道伊勢路は一路新宮を目指します。
今回は合流地点の紀伊長島からのスタートとなりました。



●2018.12.28 近畿自然歩道(紀伊長島〜三野瀬〜船津)




虹裏メイドの朝は早いけど移動時間がさすがに長い…
6時に自宅を離れて阪急と近鉄とJRを乗り継ぎ11時にようやくスタート地点の
紀伊長島に降り立ちます…



紀伊長島は熊野古道伊勢時の要衝となっております。
時間的に厳しいのでそそくさとスタートです。



赤羽側を越えたら少しの間旧長島市街・魚町を走ります。
かなりさびれてますけど。


長島神社で今回の道中安全を祈りました。


国道42号に合流です。
熊野古道商工会ですって!


ブレンド・S



国道と離れ旧街道を進みます。



ありゃりゃ?いつの間にか高台に…??
何はともあれ一石峠です



トレイル区間を過ぎると柵の先には舗装路が‥たぶんここが平方峠です。
古里の街並みが広がります。




古里海岸に接近します


雪降ってて超寒い〜〜〜!!!



古里海岸を抜けて近年再発見された佐甫(サボ)鼻道を進みます。


サボ花展望台より。
粉雪が舞う松島の冬…。



道なりに下ると発掘された道にいざなわれ若宮神社に。



道瀬の海岸沿いを走り、再び高度を上げていきます。



世界遺産に登録された三浦峠への道を進みます。



と思ったらうっかり通り過ぎる所だった…
三浦峠です。


峠から下り、熊ヶ谷橋を越えると案内板があります。


JR三野瀬駅です。中間点のここで小休止。
近畿自然歩道はここで終了ですけど。




三野瀬駅を離れたらお次は始神(はじかみ)峠に向かいます。



始神峠への道はいくつかあり、のぼりはもちろん江戸道を上ります。
登り口は春になると桜で満開になるそう。



始神峠への本格的な道が始まります。



いい感じのトレイルを駆け上がっていくと平坦なばしょにでます。
茶屋跡もあり、ここが峠頂上部となります。



始神峠最高地点です。
ここからの長島の景色は格別です。うまい具合に天気も晴れてくれました☆


峠から下山にかかりましたが馬瀬側の江戸道は通行止めだったので
明治道をひたすらかけ下ります。


大曲の又谷の手洗い場です。
多分そのまま飲める水ですね。




宮谷池まで降りてきました。
近くには休憩所兼トイレもあります。



42号と再度落合います。
後はひたすらランニング!


ちょっと雪雲が晴れてきました!
やっぱりお日様が好きです♥



ラストスパートをかけてゴールの船津駅に無事たどり着きました。



なお交通機関の便が悪すぎるので電車ではなくバスで松坂に
帰りました…ここから松阪に替えると軽く1900円を超える
運賃のためねむいさんは株主優待拳を駆使して無料で
移動しちゃいます!三重交通は松阪⇔熊野市までいくと
2000円に近い運賃になるので優待拳のあるなしで交通費に
莫大な雑賀で来てしまいます…



話はそれましたがバスの移動距離がかなり長いので運転手さんが
トイレ休憩入れるとかざらです‥(そいえば今私が載ってた車両手すりなかった…)


あたりがすっかり暗くなったところで松阪駅に到着です…
2時間15分の長い旅路でした…


松阪駅の特急待ちに牛さんの雄姿を撮影です…


近鉄特急で帰りますが最後まで気は抜けません!





そんなこんなで今年も無事に熊野古道で走り納めができました。
来年からのルートは乗り換えの都合上前日から移動をせざるを得なくなる場所も
増えると思います。かつて東海自然歩道攻略時のようなタクティクスを
組み立て確実に進んでいこうと思います!



近畿自然歩道(紀伊長島〜三野瀬〜船津) GPSログ



今回も三重交通の株牛優待拳が大活躍でした。
尾鷲あたりまでバスがあるので当分の間は重宝しそうですね☆

Go to top of page