女主人超多忙に付き

現在死ぬほど忙しいです。
駆け込みの案件が何個かあって、まぁ年末は去年もこんな感じでしたけど…。

年末までの短い期間にSTマイクロ以外のCortex-M3のマイコン攻勢が勢いを増してきました
ね〜。STマイクロがこのまま逃げ切るのか、はたまた他のメーカーがシェアを奪うのか気
になるところです。どこも新しいのだすのはいいんですけど必ず付きもののerrata何とかし
てほしいなと思ふ。


話は変わりますがaitendoさんでSPI接続のTFT液晶モジュール、H161T01が販売されていま
す。詳細は不明な点が多いのですが購入して試してみました。変換コネクタも必ずいるので
実質1400円しますね…。この前のが安価で高性能すぎるのかしら。

データシート見る限りではパラレルとシリアルでつなげられるように見えます。しかしパラ
レル制御に必要なRD,WR,(68k系ならEもかな)がどこにも見当たりません。したがってシリアル
でしか制御できないようです。"ウソつくんじゃねーパラレルでもできるぞ"っていう方は
やり方教えてください…。

今回"も"電源電圧+3.3V単一でも可能ですが、バックライトLEDのVfが+3.7Vです。まともに
使うためには5V供給するなり昇圧するなりの工夫が必要でしょう。今回は制御だけが目的
なので3.3Vのままで…。

un
というわけで動かしてみました。
データシートの額面通りだと50nSec(=20MHz)のクロックサイクルがtyp値となっています。
STM32のIOは18MHz以上のトグルスピード出せるのでいつもの如く組むのが簡単なソフトSPI
で。表示速度は以前のと比べると少し劣りますがストレスは全く感じません。さかさまに
なってるけど表示方向としてはデータシート通りになっていて正しいのでしょうか???
まぁいいや…。

un
ハイお約束。めくるめくいなちゃんの肌色世界。ここは未成年の学生さんでも楽しめる
超健全なぶろぐなのでちゃんとピンぼk…やめて石投げないで

un
…大変失礼しました。こちらはカナメ・ワタツミ氏からのいただき物の私(ねむいさん)の
イラストです。使わせてもらいます!



ということでリセット線すら省けば最低CS,D/C,SCLK,SDATAのたった4本で動くので小ピン
のマイコンとかでもきれいな画像が扱えるようになるでしょう。aitendoさんが専用のキャ
リーボード出してくれたらもう一寸売れると思います(オイ




さらに話は変わりますが多分今日ので今年最後の日記になると思います。来年も安泰に
続けたいものです…もう少し時間に余裕が欲しいですな…。
んでもってCodeSourcery G++の新しい奴(4.4.1系)で少し前のソースコードをビルドすると
ビルドできなかったりビルド通ってもまともに動かなかったりすることが分かったので
(特にFreeRTOS絡み)そちらの保守の対応と説明にも時間がとられそうです…じかんg(ry

Comments

Post a Comment








Go to top of page