STM32 EvoPrimerを買った...

世間ではSTM32F4シリーズが発表、音系に特化したSTM32F4Discoveryなんかも
もうすぐ手に入るようになった昨今ですが、8月末に秋月で纏め買いしてるついでに購入
してしまいました・・・。こんなの買ってしまった時点で「私は情(に)弱(い)です」って言って
る様なもんですね・・・orz
・・・まぁいいや。

un
↑STM32Primer1,2の後継となるEvoPrimerです。

un
↑今回のはCPUカードを差し替えることによりSTM32F103系、STM32F107系、STM8S系の
 評価を行うことが出来ます。逆に言うとEvoPrimer本体だけ買っても何も出来ません!

un
↑ねむいさんはSTM32F103VET6が載ったPrimer2を持ってるのでSTM32F107系
 CPUカードを選択しました。

un
↑カードを挿して(めっちゃ硬い)真ん中のボタンを押すと"Welcome to STM32!"のボイス
 とともに初期設定画面がでます。ちなみに初回購入時はEvoPrimer本体からCPUカー
 ドからスタンバイ電源を供給するためのスイッチをONにしておかないと起動の度に
 初期設定をする羽目になるので注意です。

un
un
un
↑早速中身を開いてみました。
 QVGAの液晶やI2S等のデバイス盛りだくさんです。ちなみにこのQVGA液晶はピンの設
 定で8bit,16bit,SPI(←これ重要)が使用可能な逸品です!

 液晶モジュールのデータシートを穴のあくほどよく見ましたがこのモジュールは
 SPIの設定はできるもののSDI/SDOのピンが出ておらず実質8/16bitしか使用
 できません。しかもEvoprimerとしては8bitバスしかサポートしてません。
 さらに言うとCタイプだと素直なピン配置になっておらず、わざわざビットシフト
 してから書かなければならない回路構成になってやがるので描画がSPI並みに
 くそ遅いですorzorz

20130107衝撃の事実判明!!!
ちゃんと調査したところコントローラICはちゃんとILI9325でしたが、なんとFPC
内部でSDOがD0に、SDIがD1に直結されていてSPIでもデータの読み書きが
可能なことを確認しました!!!!


un
↑STM32Primer2で致命的となってしまった電源回路ですが、回路図を見渡す限りでは
 対策がされている様なので今回は大丈夫だと思いますよ。た ぶ ん
un
↑STM32Primer2と並んで動かしたところ。一回りおっきくなってて持ち運びができません…。


その他EvoPrimerと同じく買ってしまったもののまったく触っていない物達・・・
un
↑LPC1227LPCXPresso(上)とLPC11U14LPCXPresso(下)ですって奥さん!

 11U14の方って反対側にUSBminiBコネクタついてるわりには3.3Vのレギュレータ無い
 からうかつに切り離せられないじゃないですかーやだー!
 あとXmegaでよく分かられたとは思いますがねむいさんはLPC系のARMマイコンで
 DMAを使いこなす知能がないのでLPC1227の方はあつ氏やtodotani氏の作例を
 参考に弄ってみようと思います。

 ちなみに上記二つのデバイスはSWD接続しかなく、まだVersaloonが対応してないので
 手も足も出ません!・・・といいたいところですが・・・(下記に続く)


un
↑お次は台湾NuVoton製のcortex-M0マイコン、NUC120さんだ!
 基本的なドキュメントやサンプルコードは出揃ってるのでこちらも時間を見て・・・
 もちろんまったく触ってま(ry

 ちなみに書き込みはNulinkと呼ばれるSWD接続可能なライタです。KeilやIAR等の開発
 環境からしか使えないと思いきやCooCoxCoFlashというフラッシュ書き込み専用ツ
 ールを使うとスタンドアロンで書き込みできたりします♥

un
↑このCoFlashというツールですがハードウエアが上記のNulinkに加え、JTAGkey,JTAGkey2
 やST-Link等の有名どころにも対応してるので書き込み専用としてもかなり使える
 と思います!


un
これも脊髄反射で購入してしまった・・・
 ほんっとマイコンしか触ってない私ですがFPGA忘れてしまわないうちに何とかした
 いですはい・・・



Comments

壁|彡サッ

あつさんごめんなさい、STM32F4が手に入っちゃったので
FPGAのお勉強はまたまたお預けになっちゃいました…。

Post a Comment








Go to top of page