LPC4330はぢめました -まだLチカもできない-


積み基板どころか"詰み"基板になるのが分かっていながら人はなぜ、何故、同じ過ちを
繰り返してしまうのだろうか?



…しかしねむいさんはLPC1788にMCI版FatFsを移植を行ったので十分挑戦権があると
自負しています!日本のアマチュアでは今度こそ一番乗りで(あつさんがすでに触ってました…)LPC4330
搭載されたLPC4330-Xplorerの使用感を報告させて頂きたいと思います!!
この基板インド製だそうですがもう時代は中華大陸飛び越えてインドですよインド!


さて、この基板はNxP社肝入りのCortex-M4F+CortexM0のデュアルコアが搭載された
最新のマイコンLPC4330が搭載されています。最大動作周波数はCortex-M系最高速の
204MHzに上り(M4,M0コアの両方とも)、クアッドSPIが使えるインターフェース"SPIFI"も
搭載されています。


USB-HSのPHYもLPC4330内に搭載しており(USB0のみ)、外付けHS-PHYも必要ありません!
もちろんねむいさんのいつものに必要なMCIインターフェースもあります!


んでもって基板の構成ですがSTM32F4Discovery宜しく音アプリを強く意識した構成と
なっていてAudio-CodecやEthernet-PHYも実装されています。さらに基板上にMicroSD
カードコネクタやSPIFI用のシリアルROMも乗っていてFatFsの移植も少しは楽になり
そうですね♥



さぁケーブル繋いで通電だー!と思ったのですが良く見るとコネクタがなんだか変…






写真分かりづらいですが無理やりねじこんだように金具の上側が微妙に曲がってます…



そして付属ケーブルの口見たらこんなになってやがりました…
注:最初からこんなになってました。ねむいさん壊してないですよぅ!
  もちろん刺さりませんorz



もうナン持ってイェェと叫びたくなるのを我慢してさらに基板をよく見ると
手半田で修正した跡がありDIPスイッチが溶けてLEDが焦げてました…
もうダブルオドロキですよねほんと印度クオリティすごいってまたひt


インドのNGXから直接購入したので修理交換の手間と金が非常にかかってしまうと感じ、
結局自分でコネクタ・LED他の付け替え修理を行いました。
LPC4330-Xplorerに実装されたmicroUSB-Bコネクタとほぼ似た形状の奴をtaobaoで購入
しており、スムーズに付け替えは完了しました。ちなみに秋月さんちで売ってるタイプの奴
はコネクタを挿す向きとピンの並びが逆のため付け替えができません!ご注意ください。


LEDの交換ついでに3.3VのLDOもMLCCが使用可能なZLDO1117に換装しておきました。
最初に付属していたUSBMicro-Bのケーブルは捨てて手持ちのを使います。

後はチュートリアルに従いVcomのドライバ入れて基本操作を確認しました。

NGXのチュートリアルにはUSB0サイドのUSBHIDデバイスは挿したらすぐに動くように
見られますがまずUSB1サイドをPCに刺し、その次にUSB0サイドをPCに刺し、最後に
SW2を押すとUSB0サイドのHIDデバイスとして認識されるようになります。



またSW2を押した後は仮想COMポート上で上画像のように各種チェックルーチンが
走るようになっています。


同時にEtherNetもアクセス可能です(192.1681.1.123固定なのでご注意下さい)
LEDの操作がブラウザ上から可能になっています。



最後にJTAGで繋いでみてOpenOCDからどう見えるか確かめてみました。
LPC4330-XplorerのJTAGコネクタがちいさ過ぎてTI-StellarisのICDI付属のケーブル
しかピッチが合うのなかったので、JTAGkey2Cloneの代わりに急遽これを使いました。

↓で繋いだ状態はこんな感じに…
openocd -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f interface/ftdi/luminary-icdi.cfg -f target/lpc4350.cfg
Open On-Chip Debugger 0.7.0-dev-00001-ga4830e7-dirty (2012-09-10-17:57)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.sourceforge.net/doc/doxygen/bugs.html
Info : only one transport option; autoselect 'jtag'
adapter speed: 500 kHz
cortex_m3 reset_config sysresetreq
Info : clock speed 500 kHz
Info : JTAG tap: lpc4350.m4 tap/device found: 0x4ba00477 (mfg: 0x23b, part: 0xba00, ver: 0x4)
Info : JTAG tap: lpc4350.m0 tap/device found: 0x0ba01477 (mfg: 0x23b, part: 0xba01, ver: 0x0)
Info : lpc4350.m4: hardware has 6 breakpoints, 4 watchpoints
Info : lpc4350.m0: hardware has 2 breakpoints, 1 watchpoints

確かにCortex-M4とCortex-M0のふたつのコアが見えてますね〜

ほんとに触っただけというかそれ以前のやっと修理したばっか状態なのでLチカ
すらも進んでませんが、豊富なサンプルをベースにいつものを作っていきます。

Comments

Post a Comment








Go to top of page