Kinetis Lシリーズをつかってみる2

20161123追:
FreeScaleはNxPに喰われた後さらにQualCommに喰われました



え?これは何って!?…さぁ…あ、あたしの弟がぁ…かってにぃエントリしちゃって〜
ま、まぁねむいさんセフィロス派ですがmbedには話のタネにちょっと登録してみた
だけですよぅ〜
mbed/Arduinoのようなハード・ソフトお仕着せ環境はねむいさんは興味はないだけで、
そもそも否定はしておりません。それよりもそれぞれのやりたいことが素直に実現
できてそれぞれが面白いと感じたプログラミング環境をそれぞれが見つけ出し、
素晴らしい製品・作品をつくっていくことこそが最も重要なことだとねむいさんは声を
大にして申し上げさせていただきます!(ただしcygwinと素のEclipseは仏敵)



さて戯言はこの辺にして、今回は前回のKL25に続きさらに機能がシンプル化された
KL05シリーズが搭載された評価ボードFRDM-KL05Zを紹介したいと思います。



この子はKL25ZのものよりもさらにArduinoを意識した作りになっていて"シールド"も
+3.3V互換のものなら搭載できるようになっているようです。
とはいえそっちはほとんど興味なかったので前回OpenOCDに突貫で実装したKinetis-L
ドライバがちゃんとほかの品種でも書き込みできるかの実証に移りました。OpenOCDの
バイナリ
見られた方は知っているでしょうけど、結論から言うとKL05Zにも問題なく
書き込み・デバッグ出来ることを確認しました。

↓Versaloon+OpenOCDで書きこんだときのメッセージです。
> "C:¥Devz¥Coreutils¥bin¥make.exe" program
openocd -s C:/Devz/ARM/OCD/tcl -f interface/vsllink_swd.cfg -f target/kl05z_swd_flash.cfg -c "mt_flash main.elf"
Open On-Chip Debugger 0.7.0-dev-00204-g1da9e59-dirty (2013-03-25-10:47)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
http://openocd.sourceforge.net/doc/doxygen/bugs.html
Info : OpenOCD runs in SWD mode
none separate
Info : add flash_bank kinetis pflash
adapter speed: 1000 kHz
cortex_m3 reset_config sysresetreq
Info : Versaloon(0x15)by Simon(compiled on Mar 4 2013)
Info : USB_TO_XXX abilities: 0x0000076E:0x010001EF:0xC0000007
Info : clock speed 1000 kHz
Info : Found SWD-DP id:0x0BC11477
Info : kl05z.cpu: hardware has 2 breakpoints, 2 watchpoints
target state: halted
target halted due to debug-request, current mode: Thread
xPSR: 0x21000000 pc: 0x000000cc msp: 0x20000c00
Rize up to Internal PLLed Clock!
auto erase enabled
Info : Probing flash info for bank 0
Warn : flash configuration field erased, please reset the device
Warn : Kinetis L Series supports Program Longword execution only.
wrote 9216 bytes from file main.elf in 5.421875s (1.660 KiB/s)
verified 8308 bytes in 0.125000s (64.906 KiB/s)
shutdown command invoked

> Process Exit Code: 0
> Time Taken: 00:06

STLink/V2でももちろん書き込みデバッグは可能ですが、前回も述べましたがSTLink/V2
からではMDM-APを直接叩くことは出来ないので間違ってセキュリティビット掛けてしまった
フラッシュの救済はできませんのでくれぐれもご注意を…。ねむいさん提供のサンプル
使う限りはハード/ソフトの両面から対策されてるのでセキュリティビットがうっかりかかる
問題はありません。

そして↑のサンプルですが…FRDMのソフトウエアパッケージのほうのサンプルの出来が
あまりというか非常に良くないというかところどころk40シリーズからのコピペな手落ちが
多数見受けられたのでUARTドライバは完全にCMSISに対応するように大幅に書き変えて
おります。同じくKL25Zのサンプルもこちらの変更を反映しCMSIS完全対応してます。


おまけ
CMSIS-DAPがOpenOCDから使えるようになってるらしい
まぢですか…!とねむいさんも早速ビルドして試してみましたが…


…あかん…
…今後に期待ですね…現状オープンソース系は機能追加が容易なVersaloon一強な
印象です…とはいえFRDM系の基板は書き込み用のハードも一体化されてるので無理
してOSSに走らなくても十分戦えますが、冒頭で述べたとおり自分が取り組みやすい
環境で各々の実現したいことを目指すのがベストだと思います!と説得力のあまり
無い発言で今日の記事をしめくくらせていただきます。

Comments

Post a Comment








Go to top of page