ドラレコに最適!第3世代サンディスク産業用マイクロSDカードを入手せよ!

ここ最近は諸般の事情で大阪への所要が頻繁にあるのですが、ふと立ち寄った大阪
日本橋のPCショップでとんでもないものを発見してしまいました!!




なんとサンディスクの産業用microSDカード第三世代のものが販売されていたのです!
昨年から一般では入手不可能なサンディスク産業用microSDが市場にポツポツと流出
しておりましたがドライブレコーダーや監視カメラなどへの需要が大きく、継続的にPC
ショップなどの市場に出回ているようです。

しかも現在の最新モデルである第三世代!!!
もちろんS.M.A.R.T(以下SMART)による寿命判定可能!



第3世代のカードでは32GB以上のモデルでもUHS-汽ラスとなっています。
過去のモデルではClass10表記しかなかったのですがこれで通常使用でも十分使用に
耐えるものになりそうですね。


とりあえずベンチとってみました。
第二世代
第一世代
と比べるとシーケンシャル書き込みは段違いの性能を示していますね!
チマチマ書き込みに関しても1MB/Sec割ってないので断続的な書き込みに安定して
強く、ドラレコ等で十分使えます!

お約束のねむいさんのいつものでカード情報を読み出しました。

FatFs module test terminal for STM32F769NIH6
LFN Enabled, Code page: 932
AppVersion : W.I.P
Build Date : Sep 7 2018
>fg piano
rc=0 FR_OK
>fo 1 ftbt.mp3
rc=0 FR_OK
>fr 132949600
132949600 bytes read with 17637 kB/sec.
>ds 0
rc=0
Drive size: 62333952 sectors
Erase block size: 8192 sectors
Default r/w block size: 512 bytes
Card type: SDv2(Block)
CSD:
00000000 40 0E 00 32 5B 59 00 00 ED C8 7F 80 0A 40 40 C3 @..2[Y.......@@.
CID:
00000000 03 53 44 53 41 33 32 47 80 75 F0 3C AD 01 26 A1 .SDSA32G.u.<..&.

Parsing SD CID Register
Manufacturer ID :0x3
OEM/Application ID :SD
Product Name :SA32G
Product HwRev :8
Product SwRev :0
Serial Number :0x75F03CAD
DateCode.Month :6
DateCode.Year :2018

OCR:
00000000 C1 FF 80 00 ....
SD Status:
00000000 80 00 00 00 05 00 00 00 04 00 90 00 0F 05 1A 0A ................
00000010 00 08 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000020 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00000030 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
SCR:
00000000 02 35 84 43 00 00 00 00 .5.C....

Parsing SCR
SD Spec Version :2
SD Spec Version 3 :1
SD Spec Version 4 :1
SD Spec Version X :1
SD Security :3
SD Bus Width :5

SD_Spec V5.xx!
Detected as SDHC Card!
Available UHS-I Mode.

2018年6月製造の出来たてほやほやでした!
SDの世代もV5となっていますね。




さてこのカードの売りであるSMART機能ですが…もちろん第2世代カードと同じくCMD56
のコマンドで寿命判定を含む512バイト分のSMARTのデータを読みだすことができます

ごらんのとおり"Sandisk"のイニシャルコードが読みとれました。
こちらにCMD56で読みだした際のデータを置いておきますので参考にしてください。

また、当たり前ですが肝心の寿命に関するレジスタの配置はすべて過去の世代の
ものと同一ですのでサンディスクの産業用SDでシステムを組んでいたらソースの
改変の必要が無くそのまま差し替えで使用可能です。




前途の通りドライブレコーダーや監視カメラなどが使用される個所は極端な温度変化
が起きさらに日本では高湿度環境下の動作を強いられます。
さらにその状況下でデータの確実性まで求められるため、TLCが使用されている一般
向けのmicroSDカード等は信頼性の面で到底使用できません。

タフな環境向けの高耐久なmicroSDカードも認知され始めていますがサンディスクの
産業用microSDカードは少しの電子工作の知識は必要ですがSMARTが採れ寿命の
判定もできるという点で普通の高耐久カードよりも性能が一歩リードしていると言える
でしょう。あとシーケンシャル読み書き速度の面でもですね。多くの単純な高耐久
カードはまだClass10までですので。

昨年から言っていますがSD向けのSMARTが規格化されドラレコ上で容易に寿命判定
出来ればなおよいのですが現在急速に需要が増加している状態なのでそのような時代
はすぐやってくると思われます。

本家サンディスクも高耐久カードに関する取材を受けていますね。時代はタフさを
求められています!

追記:ドラレコ・監視カメラに使用する際は使用する機器の容量上限を確認しておいてください。
  古いモデルでは上限値が32GBまでで、64GB以上で必須のexFATに対応していない物が
  存在しています。容量は減りますが迷ったら32GBの奴選べばまず問題ないです。

Comments

Post a Comment








Go to top of page