STM32 Primer2をBARE-METALで使ってみる(終) -フォトフレームを作る-

大きなバグ出しも終わってやっとこ使用に耐えるものが完成です。上位層の作り込みは
Chan氏のFatFsやターミナルプログラムの凡例のおかげで開発期間の大幅な短縮が
できました。そしてCircleOSに頼らないBARE-METALな試みも今回でいったん終了です。

昨今の電子工作は回路検証はもちろんケーシングも非常に重要なファクターになって
いますが、もとからケースに入っているSTM32Primer2はとてもありがたいですなぁ。
…ってことで、


以下今回製作したフォトフレームの使用例を…
※20091226:電源監視機能を強化しました。

※20091126:USB-MSC(マスストレージクラス)機能を追加しました

un
↑4+1入力キーの"真ん中"を押して電源投入。これはハード的に処理されています。

un
↑電源投入->タイトル表示後はSTM32Primer2に挿入されているSDカードを読み込み、ファ
 イラを起動します。ファイルシステムはFatFsを使用しFAT12,FAT16,FAT32のフォーマット・
 およびロングファイルネームが使用可能です(画面上の表示は8.3形式ですが)。

un
↑ファイラ画面の基本操作は↑↓がファイルポインタの移動、→がEnter,←がCancel
 に相当します。

un
↑画像はbmp形式が表示可能で128x160pixelまでの物が使用できます。それより小さいサ
 イズは、真ん中合わせで表示されます。画像はひねもすのたり氏画の私(ねむいさん)。
 …びいぶろ君が欲情すると困るからピンボケ!

un
↑…すみません…お口直しに癒し系小動物を。otter-beerは結構有名らしいです。

un
↑動画はimg形式。img形式のファイルは同梱のChan氏謹製の付属ツールでaviから生成
 できます。再生中→キーで一時停止、その後↑↓キーでコマ送り、戻しができます。
 上の画像のは虹裏で活動している名無しの絵師さんの動画をお借りしました。

20091126追加
un
↑USBマスストレージモードに入るためにはUSBケーブルをSTM32Primer2の
 "STM32"側のコネクタに挿し、ファイラのルートディレクトリでLeftキーを押します。
 LCDの画面が暗転し、PCにディスクドライブがマウントされたら成功です。

20091126追加
un
↑MSCモードからファイラに戻るためにはLeftキーをもう一度押します。ディスクドライブが
  アンマウントされ、ファイラの画面に戻ります。、


un
un
↑UART2からの通信にも対応。上記結線(TTLレベル)でホストPCと接続。

un
↑ホストPCのターミナル(230400bps,8,N,1)上からESCキーを押すことで、ファイラは
終了し、FatFsのUART上のモニタプログラムが走ります。

un
↑現状では時刻設定はUART上のモニタプログラムからのみ可能です。

un
↑電源OFFは"真ん中"のキ―長押しで行います。この画面が出てからキーを放すと
 FETスイッチが切れ"電源OFF"となります。

と、こんな感じです。ミニフォトフレームに機能を絞っているので以下に挙げる機
能は基板上には存在しますが使用していません。後は各人がソース変えてお好みで
付け足してくださいね(ひでぇ)。
*Not Used Devices
-Touch Sensor
-3D MEMS Sensor
-I2S Peripheral
-IrDA

また将来搭載予定の機能は以下に。
*Future Features
-USB-MSC 実装済
-LCD-Backlight Adjustment
-Adjustment Configuration which does not rely on host PC.
-Improve Backup Register Function.
-Improve Power Management 実装済
最優先はUSB-MSC。SDカードの抜き差しは面倒ですもんね。
USB-MSC実装しました。
IJG JPEG Library を実装しました!

んでもって修正すべき項目は以下に。
*Known Issues
-Cannot execute program if there's no Li-Ion Battery jumper. Fixed.
-Cannot execute backup function. Fixed.
現状Li-Ion電池のジャンパしてないとNo Batteryと判断されてしまいすぐに強制shutdown
されてしまいます。電源電圧の上手い監視方法見つけたらこちらはすぐに修正します。
修正済


ということでまだまだ手を加えるべき点はありますが、興味を持たれた人は試して
みてくださいね。ご利用は自己責任で〜

un

Go to top of page