GPSを試用する4

前回は秋月電子通商さんで販売されていて入手しやすく高性能なGT-723Fを使用した
GPSロガーの製作例と使用例をお伝えしましたが、今回はさらに性能の高いGPSモジュ
ールUP-501を入手しましたので紹介したいと思います。


UP-501とGT-723F(ついでにGM-316も)の性能比較は以下の通り。
un
UP-501の電圧上限が4.2Vとなっていますがこれはリポ電池を使用したものを想定して
設計されているようですね。現在の電子工作の電源電圧も3.3V物が多くなっているご
時世なので特に気にしなくてもよいでしょう。多分。

実際に使用してみましたが、GT-723Fと比較すると捕捉時/追跡時の消費電流が30mA
以下に抑えられ、なおかつ高感度になっていて悪天候時のコールドスタートでは捕捉ま
での時間がかなり早くなっています。登山やトレランの時は電源投入後の初回捕捉時
間が結構重要で、ここで捕捉時間が長いと貴重な時間を失って結果目的地に着いた後
帰りのバスや電車に乗り遅れるというかなりおまぬけなリスクが上がってしまいます!
(↑ねむいさんはタッチの差でよく乗り遅れるんですよぅorz)。

さらにUP-501にはVBAT端子があり、SRAM上のアルマナック&エフェメリスデータを保
存できるのでAGPSと組み合わせると再補足の時間をさらに早くすることができます。
登山の前日にAGPSのデータをダウンロードしてなおかつ一旦捕捉動作しておけば現地
で捕捉待ちでいらいらすることなくすぐ出発することができると思います。
頻繁に電源を入り切りするような使い方や、悪天候下のときほど効果を発揮するでしょう。

GM-316にも同様にVBAT端子が存在しますがモジュールの小ささ(=パッチアンテナの
小ささ)ゆえに外部アンテナつけないと真価を発揮できないようです。
またAGPSもないのでパッチアンテナのみだと快晴時/開けた場所でも初回捕捉時間が
かなり長くかかります。ゆうに20分以上掛かります。UP-501が手に入る今となっては
こちらのモジュールは外部アンテナをつけて据え置き型のGPS時計の中核部とするの
が良ですね。(捨てるのもったいないし!)



ちょうど台風が来て大雨が降っていたので私の塒のベランダから悪天候時の捕捉時間
の比較をいくつかの条件で行ってみました。
●GT-723Fの場合
コールドスタート(AGPS無) 約14min
コールドスタート(AGPS有) 約3min

●UP-501の場合
コールドスタート(AGPS無) 約10min
コールドスタート(AGPS有) 約3min
ウォームスタート(SRAMバックアップ有,AGPS有,
         捕捉確認後電源を落とし3時間置いたあと電源投入) 約25Sec
ホットスタート(SRAMバックアップ有,AGPS有,
         捕捉確認後電源を落とし即再投入) 約7Sec

GT-723FのAGPS無のコールドスタートの時間は西青山〜柘植にトレイルランしに行った
時にGPSロガーを使用した時の初回捕捉時間とほぼ同じ(スタート地点の西青山駅はかなり
強い雨)でした。また当時同時に使用していたSRAMバックアップが存在するスポーツガイドメイト
の場合、ウォームスタートだったため40Sec程で捕捉できてました。
ちなみに快晴時ではGT-723FとUP-501のいずれもAGPS無のコールドスタートでも
40Sec前後で捕捉します。


un
↑せっかくなのでAGPS用のデータのダウンロードは某BluetoothのUARTモジュール経由
 でワイヤレスでできるようにしてみました。遠隔のデバッグにも結構使えますねこれ。
 XBeeと違って115200でも文字落ちほとんど出ませんし。


あと気になる入手経路ですが、今年7月ごろに一般にも流通しだしたUP-501は現在では
Sparkfunから59.95USD、国内ではswitch scienceさんより5995円で購入できます。
GT-723Fと比べると少々値段が高いのですが、実はMARY基板の企画でマルツさんより販
売されているGB基板
にはこのモジュールが使用されており、しかも約1000円安い4980円で
購入できます!基板をそのまま使うのもよいのですが、用途がしっかりしてるのなら
私のようにモジュールだけを外して利用させてもらうのもよいと思います。えっとなふう
に…モジュールの写真撮ったのが伊勢乃宮雪子ちゃんの誕生日(8/27)だったのでついでに…GPSと基板さんが大事な部分をしっかりガードしてるので職場や学校で見てる人も安心だ!♥
ちなみに二次裏には全部見えてるVerを




…ゲフン失礼…おまけですがスポーツガイドメイトも分解したので写真お見せします。

un
↑表蓋を外したところ。パッチアンテナとモノグラフィックLCD基板が見えます。

un
↑パッチアンテナは基板に直結です。

un
un
↑裏蓋とリポ電池をはずしたところ。左からRF用IC、GPSの心臓部のVenus6、そして
 ProlificのPL2303HX(RevD)が見えます。PL2303HXのシリアルナンバを固定化したい
 ところですがRev.Dのチップは書き込みに6.5Vの高電圧と特別なライタソフトが必
 要なのでこの基板上では不可能です。残念。



というわけで自作のGPSロガーに使用するモジュールはGT-723FからUP-501に切り替え
て動作検証を続けたいと思います。11月から予定の東海自然歩道本線ルートの再開
時には活躍してくれるでしょう。

Go to top of page