GPSを試用する3

STM32Primer2を使用したGPSロガーもだいぶ安定してきましたのでファームウェアを
公開します
。ただし下記ハードウエアの条件を必ず合わせておいてください。

1.STM32Primer2の電源ICをLDOに置き換えて強化する。
2.リポ電池をこれに交換する。
  JSTのコネクタははずしてリードを基板に直ハンダで。ショートに注意!
3.GPSはGT-723FもしくはUP-501を使うものとする。ボーレートはデフォルトの9600bpsで。
4.GPSの電源はLCDバックライトの3.1V系から取るものとする。
  (LDOに変えた時点で3.3Vになりますが)

5.GPSは下記のピンのみSTM32Primer2と接続する(GT-723Fの場合)
  1pin(GND)
  2pin(VCC)
  6pin(SerialOUT,LVTTL)
6.GPSの1-2pin(GND-VCC)の近くに16V,10uF,X5R以上のグレードのMLCCを付ける。
7.STM32Primer2にmicroSD/microSDHCカード(1GB〜16GBまで動作確認済)を挿しておく。
  もちろんFat12/32でフォーマットしておくこと!


ファームウェアの動作としてはSTM32Primer2の十字キーのセンター(CTキー)を押して
電源投入。投入時はSTM32は36MHzで動作しています。投入後のキー操作でGPSロガー
モードとマスストレージモードに動作が分かれます。いずれのモードもリポ電池の
電圧が3.3V以下になると自動で電源OFFの操作がされシャットダウンします。

●GPSロガーモード
電源投入直後に十字キーを何も触らなければGPSロガーモードに突入します。
シリアルのボーレートの適正な(9600bps)データが受け取られたら緑LEDが点滅します。
この点滅はGPSが衛星を補足するまで続きます。捕捉後は緑LEDは消えて以後はmicroSD
にデータが書き込まれるごとに赤LEDが点灯します。ロギングを止めるにはセンター
キーを3Sec以上押し続けた後離してください。LCDがOFFになっているのでよく分から
ないとはおもいますが代わりにGT-723FにあるLEDが消えるのでOFFされたことが分か
りす。

●マスストレージモード
電源投入直後0.5Sec以内に十字キーの右を3Sec以上押し続けるとSTM32の動作周波数
が72MHzに上がり、LCDが点灯初期化され、"Start Mass Storage"と表示されます。
この状態でSTM32primer2にある"STM32"側のUSB-miniBコネクタとUSBケーブルで接続
するとPC上にドライブが見えるようになり、USBカードリーダーのように通常のファ
イルの操作を行うことができます。
GPSのデータを取り出すためにいちいちSTM32primer2の蓋開いてmicroSDカードを取
りだして別のリーダーで読みだすと言った煩雑な操作はもう必要ありません!


上記ハード・ソフト構成で捕捉状態だと11時間以上ロギングできるので日帰りならば
十分に使用できる代物だと思います。実際には保険代わりにCanmoreのスポーツガイド
メイトGP-101
持ってってますが〜(これはデジタルコンパスがあるので結構重宝する)。
un
中太郎生・丸八酒店手前にて。



てわけでほとんどの人は興味ないでしょうけど自作のGPSロガーで記録していった東海
自然歩道山の辺ルートの後半編を…

長谷寺->室生口大野
un
長谷寺の回廊。
un
初瀬ダム(まほろば湖)。
un
室生ダムとダム穴。

室生口大野->中太郎生(なかたろう)
un
大野寺の弥勒磨崖仏。
un
済浄坊渓谷の滝。
un
亀山峠から見た曽爾高原。

中太郎生->西青山
un
伊賀富士・尼が岳。下山路で蜂に追っかけられる。
un
メナード青山リゾート。
un
廃墟のような近鉄西青山駅。

西青山->柘植
un
青山高原の三角点の手前。強風と大雨が叩きつけるいい天気だ〜!
un
風力発電の風車…だがガスにおおわれて視界ゼロの恐怖!
un
新大仏寺の山門。
un
霊山についてころにはすっかり晴れ、朝に通過した
風車群もくっきりと。
un
東海自然歩道の本線ルートと合流し、柘植駅に再び到着。

本ルートの関ヶ原から先は11月から再開なのでこれまでは平地を走り込みつつご無
沙汰だったSTM32F2の続きやっていこうと思います。USBライブラリもやっと出たし!

Comments

Post a Comment








Go to top of page