色々直す…

…前回の検証でSTM32 Primer2に乗っかっているSWレギュレータIC(L6928D)を、2つ
とも吹っ飛ばしてしまったのですが、これらはU9:メインMCU電源供給(2.8V)、U17:バック
ライト用電源(3.1V)向けという非常にクリチカルな部分に使われていてどちらか一つ
でも壊すと、もはやPrimer2は使用不可能になります!!

仕方がないので代替で使用できそうなレギュレータを探してはっつけることにしました。
L6928Dは非常に繊細だとのことでもう使わない方向で…(手に入りづらいですし)

うー
まずバックライト電源生成部。元の設計上では3.1V出力ですが実際は3.2V近くあります。
また、カラーLCDのバックライト電源は3.3Vまで使用可能でなおかつSTM32Primer2が
監視しているリチウム2次電池のシャットダウン電圧が3.5Vな点から、いつものLT1963A
先生に代役してもらうことに。電流は500mAも引かないので3.5Vまで落ち込んだ時の
ドロップアウト電圧も気にならないレベルです。これでもう一寸安くなってくれたらねむい
さん的に最強のLDOなんですけお…性能が高い分お値段も高いんだよ…

うー
次に2.8V生成部なんですが身近にすぐ手に入る2.85V出してくれるちっさいサイズのレギュ
レータがこれしかありませんでした。残念ながら150mAしか引けないのでSTM32Primer2回
すだけで精いっぱいです。外部に機器を接続する時は別口でとらざるを得ないです。
耐圧はL6928Dよりも0.5V高いので過渡電圧余裕も確保…かしら?

うー
一度は死んだSTM32primer2でしたが措置を施し電源が修復強化されて無事復ッ活!!
ちなみに10月11日は同僚のヤクいさんの誕生日なのでした!



そしてもうひとつ、不注意で壊してしまった(輝度が異様に下がってしまった)OLEDの代わり
に新しいOLEDの基板がやってきました。前々回もお見せしましたが、chan氏のLPC2388用
のOLEDアクセスプログラムをSTM32F107VCT6に移植しています。LPC2388のFIOはI/O
クロック36MHzの高速アクセス(最高I/Oトグルスピード18MHz)ができてOLEDも非常にスム
ーズに表示できたのですが、STM32もほぼ互角のI/Oアクセス性能を持ちます。

ただし、STマイクロ提供のライブラリ関数からだと呼び出しのオーバーヘッドが掛かるので、
直接GPIOレジスタにアクセスする必要があります。さらにSTM32に(というかCortex-M3)
ビットバンドによるアクセスができるのでうまく組むとLPC2388より早くアクセス可能でしょう。
今回は便宜上GPIOEのみを使用してOLEDを制御したので1命令分多くかかっています。

というわけでSTM32F107VCT6でOLED動かしたところ↓
うー
嗚呼残念だ、せっかくのいなちゃんのえろすな絵が輝度が高すぎて光学迷彩が掛かっ
たみたいな写真になってしまったー(棒

うー
…とふざけるのはここら辺にしといてカラー写真とかもOLEDでは綺麗に表示できてい
ます。モデルはコツメ氏。カワウソって良いですよね♥特に頭の形とか♥

はてさて、STM32の新(OTGを含む)USBライブラリの正式リリースはもう少しのはずです
が…。待ち遠しいですね〜…これが出ないとソースを公開する踏ん切りつかないし…。

Comments

Post a Comment








Go to top of page