XMEGAを使ってみる3

Versaloon関連で飛んできた人はこちらへ


年度末になると何でか糞忙しくなりますね〜…私はというと企業研修で来ている知り
合いの学生の子(去年11月下旬からSTM32初めてあっという間にマイクロマウスまで
製作ってた!!)に私のブログの内容をして"ねむいさんていどひくい"と罵られたり、
お客さんの現場で生暖かい目で見つめられながらハーネス打ちかえたり、私より一回
り年下の弟が私より一回り年上の彼女連れてきたりするなかで隙を見てマイコンの
勉強をやってきてます…。


LPC2388やSTM32系のMCUで動かしてきた大きめのTFT液晶、EGO028Q02や
YHY024006AをATXMEGA128A1にも導入すべく準備を進めてきました。
前回、現行のATXMEGA128A1にはPORTLが存在しないため4PORT-EBIが実質上
使用不可能と書きましたが、メモリアドレスを2つ(アドレス線は一本)しか使用しない
上記液晶たちは話が別です。FPGAボードを接続する前の肩慣らしに先ず4PORT-EBI
でTFT液晶を制御する試みを行いました。

ATxmegaのEBIに供給されるクロックはシステムクロックの2倍なので最高64MHzのクロック
スピードで動作させることができます。高速のSRAMは恩恵を受けられるでしょうが、LCD
からしてみると早すぎです。read時だけウエイトを0->4に落とす等の細工をしています。
長々と書きましたが4PORT-EBIは無事機能して,YHY024006Aに画像やフォントを表示する
ことができました。

un
↑まだFatFs積んでないので容量の都合上このサイズの画像しか表示できないです。
 ァァ残念だー(棒

あとATXEGAで試してみたい機能はADC,RTC,事象システム,FatFs(SPIをDMAにする)搭載、
それと今回試したEBIを今度は3PORT-EBIモードで大容量SRAMというかそれが乗っかっ
たFPGAボードと接続する。そんな感じでしょうか。また、すz氏やいえなが氏も現在進行系で
XMEGAを触られているのでお二方の作品の完成もたのしみですね。










と、いつもならここで力尽きて日記が終わるわけですが…ていどたかい虹裏メイドを目指す
ねむいさんもうちょっと頑張ってみます!!次いつ更新できるか分からないし!




私も多分にもれずSTM8S-DiscoveryというSTM32ボードを購入しましたが、以前から目を
つけていたVersaloonという汎用JTAGライタ/デバッガに改造を試みました。

このVersaloonに使用されているマイコンはSTM32の48pin,ROM62kb,RAM20kB,ペリフェラル
としてUSBが存在する物のようですね。そしてSTM8S-DiscoveryにSTLinkとして乗っか
ってるSTM32F103C8T6はVersaloonになる条件をすべて満たします。

んでもっておあつらえ向きに書き換え用のJTAGの端子も出ているのでまずはUrJTAGで
様子を見てみました。

un
↑とりあえずJTAGKeyを繋げる…

un
↑ふつーのSTM32ですね〜…ちゃんとJTAGで見えます(ニヤ・・

次にOpenOCDからフラッシュのバックアップを取ろうとしましたが…

un
↑やっぱしダメか…

というわけで一度STM32のフラッシュを書き換えてしまうともう2度とSTM8SをDiscoverする
ことが出来なくなってしまうわけです。しかし!ねむいさんはSTM32のボードを購入した
つもりなので容赦なく消しましたオラー!!


次にVersaloon用の回路(後述のRelease1の回路構成)に作り替えます。必要なものは
12MHzのクリスタルです。STM8SにつながっているSWIMを構成している一部のピンは
VersaloonとDFUの動作を阻害するので必ず足上げしたりジャンパカットしてください。
注:基板の改造は必ず情報の1次ソースで提示されてる回路を参照してご自分で
判断を行ってください!!実験色が非常に強いのでここでは詳しく書きません!!


un
↑ねむいさんは横着なので基板からSTM32を外さずに無理やり上記の改造をしましたが
 真似される奇特な人は基板から外して別に組んだ方がいいですよ?
 ちょろっと出てるUEW線は用が済んで外したTDIとTDO。
un
↑使わなくなったSWIMのピンはDFUモードに入るためのモード設定ピンに再利用しました。
 中途半端に起立しているチップ抵抗がやっつけ感漂う…

VersaloonはDFUによりセルフアップデート出来る構成をとっています。それに倣って最初
はDFUを書き込みます…。STM32F107系に慣れてしまった身ではとてももどかしいです。
JTAGで書くに越したことないですが、持ってない人は必要なピンだけジャンパ引き出して
システムメモリからブートして書き込むって方法
もあります…。

un
↑DFUが立ち上がりDFUDemonstratorが立ちあがったところ。
 ここまで来たら勝ちです!

現在、Versaloonはいくつか種類があり、製作者のSimonquan氏のページからソース、回
路図、ホスト側プログラム、OpenOCDへの対応方法などの情報はすべて提供されています。
今回私はRelease1の回路を構成しRelease1用のファームをビルド、そしてDFU経由で
Versaloon本体を書き込みしました。

un
un
↑出来上がったVersaloonを別のSTM32ボードと接続して、vsprogにてJTAGモードとSWD
モードそれぞれの方法で認識させたところ。

un
↑vsprog(gui)で書き込みもできます。STM32だけではなくAVR/MSP430/PSOC/STM8Sも
 書き込めるようです。

un
↑SWDに対応するパッチを当てたOpenOCDを使用してSWDでデバッグ。

今は動作確認の為のやっけつの仮組ですが目的のSWDで使えそうなのがわかったので、
STM32を別の変換基板に移し替えて汎用のJTAGデバッガ/ライタに仕上げるつもりです。

今回の実験に使ったVersaloon用のDFUとVersaloon本体のプログラムをこちらに。非常に
実験色が強いので完全自己責任のご意見無用とさせてもらいます。

Comments

]ω・)  じ〜

  • 2010/03/20 8:34 AM

>]ω・)  じ〜
あ…多分豚さんこんにちは〜
今月はあと2回くらいは日記更新したいものです…

でも時間がない!!!

Post a Comment








Go to top of page