STM32F207はぢめました

un
ツイニキタヨー
去年くらいに発表されて以来トンと音沙汰なかったですけどES品ですがやっっと一般
ユーザの手にもわたり始めましたSTM32 F-2シリーズ。
従来のSTM32と違う部分は最大動作周波数が120MHzまで増加したのとメモリ保護ユ
ニットがついたのとフラッシュアクセラレータが(やっと)強化されて120MHzまでノーウエ
イトで動作可能となったのとその他諸々のペリフェラル機能が追加された点しょうか。
ライバルに相当するLPC1769も似たような機能をすでに備えているのでいまさら目新し
ものではなくなってしまいましたがー…。あ、そうそうフラッシュ容量も1MBまで増加
してます。低速な外付けのメモリとか用意しないでも結構でかいサイズのフォントもぶ
ち込めるのがうれしいです。

てわけでさっそく使用してみましたが、STM32F107VCT6とは一部ピンの定義が違います。
そこだけ注意してデータシートのmigration guideを参考に配線を変更しました。
un
使用したボードは元はSTM32F103VET6が乗っかっていたebayで格安で購入した基板です。
STM32F207からはFSMCが使えるので(←これ重要!)あえてこのボードを選びました。

次に開発環境ですが、もちろん従来から使ってきたCodesourceryG++を使用します。
しかしまだSTマイクロの公式サイトではF-2デバイス用のペリフェラルライブラリなんぞは
用意されていない(10x系とはレジスタ定義は全く違う)のでKEILのサンプルに含まれてい
るF-2用のbeta版に当たるV0.01と記された定義ファイルのみと上記のごく簡単なサンプル
コードを頼りに手探りで進めていきました。

ちなみにフラッシュの書き込みもF-2デバイスは手順が違うようでOpenOCDではSTM32F1xx
系とは別に用意されていました。後述しますがOpenOCDはSTM32F103xF/G系の512kByte
以上のフラッシュを持つ種への書き込みも対応しています…これはありがたい。
un
書き込み時はこんな感じです。

un
ぽぽぽぽーんと動かしてみたところです。480x272も一瞬だわ…流石120MHzとFSMC…。
そして国内のホビーユーザーでF-2のデバイス動かした人間としては今度こそねむい
さんが初めての人ですね!一番乗り!
次はSDIOに進みたいところですが、上で述べたとおりライブラリが無い状態なので手
探りで進むことになりそうです。まぁ10x系のものを参考にしたら何とかなるでしょう。
実はここまで動かすレベルになるのにかなり手間かかった…何せ資料が全くない…。


おまけ
un
2xx系はまだまだですが、512kByte以上のフラッシュ容量をもつ10x系のSTM32マイコンは
すでにdigikeyやmouserで購入可能です。ねむいさんも速効ひとつ購入してしまった。
1年くらい前にtaobaoでSTM32用の格安の空基板買っといたのがやっとこ日の目を見れま
したのでこっちにさっそく装着。単にフラッシュ容量が増えただけなので従来のライブ
ラリがそのまま転用できて動作の確認が非常にラクです♥

un
お約束カワウソ。

Comments

一番乗りおめでとうございます!
私もF2シリーズは心待ちにしてました。
開発に必須だと思っていたライブラリが無い状態で
販売開始された事はちょっと驚きですね。
ライブラリや購入先が整った頃に
STBeeへの換装を狙いますw

しかし未だにSTさんのHPは重いですね^^;
資料探したくてもままならないw
「アクセスするたび ストレスふえるね ST」

アシッド様、おはようございます。ねむいです。

変に凝った作りで使いづらいフラッシュバリバリ化は企業HP
では一過性の病気みたいなもので、よくあることです。
幸い目的の資料には直リン(おいおい)できるのでユーザの皆
で補完し合うのが良いと思います。

STM32F-2用のペリフェラルライブラリ群は大口の顧客向けに
ES品とともにすでに出回ってるようです。
中華圏のユーザーのリーク待ちですね。

ごめんなさい、ES品(エンジニアサンプル)の
意味を知りませんでした^^;
正式に出てないならライブラリも出回らないですよね。

量産品が待ち遠しい!

ねむいさんは中華圏にアンテナ張って居る所が素晴らしいと思います。いつも貴重な情報ありがとうございます。

ST公式にペリフェラルライブラリ来ましたね
これで勝つる!

確かに来てますね!
digikeyにも在庫は無いけどリストが出てきてますね。
もうすぐ手に入る予感。
これで勝つる!

Post a Comment








Go to top of page