STM32F2シリーズを使ってみる2

てなわけで前回の記事からはや一ヶ月、手探り状態でいろいろ進めているうちにST公
式でやっとこF-2デバイス用のペリフェラルライブラリが出たりBeagleBoard-xMの購入
合戦に勝利したもののまったく火入れしてなかったりDE0-Nanoを購(ryたり今後を見越
してステーション型半田こてPicoScope 3206A購入したり東海自然歩道のサブルート
探訪も笠置まで進んでたり
そうこうしてるうちにSTM32F2シリーズも普通に購入でき
ようになってたりする昨今、いかがお過ごしでしょうか?
震災を境に身の回りの状況が一変してしまいましたが、ねむいさんはいないさんをひ
ざに乗せてくんかくんかしつつできることから着々と取り組んでいく所存でございます。





勘違いや無知無学が祟って時間を食ってしまいましたが、STM32F207VGT6でSDIOと
Chan氏謹製のFatFsを連結させて安定動作できるまでになりました。SDIOはもちろん
DMAを使って高速に転送可能です♥以前のSTM32F103VET6のものと同じ条件でRead
の速度を比べると若干の向上が得られました!
un
un
SDカードだとSDIOは25MHzまでしか出なかったり(MAX48MHz)カード自身の転送速度
もボトルネックになってるとは思いますが、小規模のマイコンでもこんだけ早かったら御
の字ですよね〜。


さらに前回ちょろっと紹介しましたが480x272pixelの4.3inchTFT-LCDのドライバも組
み込んで"いつもの"をやってみました。こちらもFSMC使った高速転送です!
ねむいさんへたれだからSSD1963っていうコントローラつきの液晶モジュール基板使っ
てますが・・・。

un
↑タッチパネル入力にももちろん対応。
un
↑再びぽぽぽーん
STM32F2になってフラッシュも1MByteまで増えたことだし、フォントも扱えるように
なって機は熟したからそろそろ私もChan氏のファイラーは卒業しておりぢなるなファ
イラーを作ろうかな、と。



んでもってSDIOとFSMCの高速な転送を利用して動画再生も試みました。Chan氏のLPC2388
向けの動作再生ルーチンをチューンアップしないでまんま利用してもQVGAサイズで29.97fps
な動画も余裕で再生できたので相当"ぱわふりゃーなので余裕"なの確認できました。やっけ
つだけど一番乗りだからどっかにアップしたいな〜
・・・と思ってるてるうちにどこかの誰かが私と同じようにSTM32F2シリーズのMCUを使った
らしい作例で先を越されてしまいました・・・。扱ってる動画の内容とかアップロード先が虹裏
メイド的に一発アウト
なヤバい代物なのは置いといて動画が暗くて荒くて何をしたいのか
分からないとかもういい加減にしろって感じだよ(棒読みで)




とりあえず次の一手としてはオリジナルなファイラーの実装に着手しつつ先日がた老氏
FreeRTOSがらみの質問をもらった機会にご無沙汰だったRTOSのおべんきょもふたたび
進めていくつもりです(BeagleBoard-xMとDE0-Nanoから目を逸らしながら)。





おまけ:
て言うかこっからが本題です!!!!
LatticeのispVMがいつの間にかFT2232デバイスに対応していた件

いままでsvfとかUrJTAGとか使って手間のかかる方法しかできなかったのが嘘のよう
です!もうこれでLPTポート無くてもいいです!

un
un
↑ふつーに認識
un
↑そしてふつーに書き込み
JTAGkey2Cloneで使うためにはJTAGのOEを常時イネーブルにしておく必要があります。
※ispVMに対応するようにスルーモードをつけて回路図差し替えときます。

un
un
もちろん外付けSPI-ROMにも書き込むことができます♥ispVMは多種のSPI-ROMに
対応しているわけですが・・・つまりこれはLatticeのデバイスがJTAGで繋がってれば
USB接続のSPI-ROMライタが安価にかつ確実に構築できるというものすごいことで
まさに神対応なわけなのです!!これでマザボのBIOSいくらすっ飛ばして怖くない!
xilinxさんやalteraさんもこういうの見習ったらイイナー・・・絶対ありえないですが…


Comments

Post a Comment








Go to top of page