いろいろ試す19

あっという間に(仕事上の)夏が終わってしまいました・・・日記上は更新してないので
夏ばてしてた様に見えるでしょうけどもじつは更なる跳躍のために私なりにいろいろ
やっていたのですよぅ!
とくに東海自然歩道関連もトレーニングを重ねて猛暑の中で難所をクリアしてきたので
こちらも近いうちにじっくりと・・・


●夏休みの工作・LPC4088

さて、円高の頃に買い込んでいた基板やチップの中で最後の大物で残っていたLPC4088
に着手をはぢめました。

基板はLPC1788ですがLPC4088はほぼピンコンパチなのでそのまま乗っけられます。生
基板なので仕事や家事終わったあとに大量の部品をちまちまちまちま付け続けお盆休み
明けにようやくFatFsまで動作を確認しました。

LPC1788のときと同様に大容量のSDRAM乗っけてます。STM32系と違ってheapや
stackとしてがんがん使ってもコケないのがすばらしい!(STM32系のFSMCはerrataとして
FSMC上のSRAMをheapやstackに使うなととうとう明記されてしまいました)

LPC4088はLPC1788には存在しないSPIFIインターフェースを持ちます。しかし・・・
困ったことにLPC1788系と互換性を保った結果LPC4300系と違いSSPポートの互換性がなく
OpenOCDから書けないことが判明orzOpenOCDはSPIFIではなくポート互換のSSPで書いて
たんですよね〜・・・ドライバの対応はnuvotonドライバの時よりしんどそうだったので早々に
あきらめ外付けのコネクタを設けてFlashROMを使って書き込みする作戦に変更しました。
SPIFIは容量を喰うFONTXファイルの置き場に使用していきます。

あと付けてないのはLCDインターフェースですがこれは私がいつも使ってるMCUバスでは
なくRGBでつなげるタイプのものを必要とするのでそれに合う液晶の調達から手を付ける
予定です。




●Kinetis K20/K10シリーズを触る
わざわざ独立の記事にするほどでもない超小ネタなのでここでさらっと紹介します。
少し前にFRDM-K20なるボードが販売されましたがこのシリーズの一番小規模のチップで
あるMK20DX32VLF5MK10DX32VLF5をちょっと触りました。写真はK10のほうです。

K20はUSBと内蔵3.3Vレギュレータが付いてて本当にこれひとつで完結した基板も作れ
ます。実際に安価に製作されている方もいるようです。

ねむいさんがこれを単品で購入した理由はOpenOCDの書き込み/デバッグ確認のため
だけに過ぎません・・・が、このチップ特有の機能にちょっとはまってしまいました。

以前、私はKL25やKL05を触りOpenOCDへの書き込み/デバッグを可能にしてきましたが、
K10/K20もコアがCortex-M4(F無し)違いでKLシリーズと同じように楽勝だろうと高を
くくってました。しかしPOR後のウォッチドッグタイマの挙動が違っていてブート直後に
即効ウォッチドッグの機能を殺しにいかないとせっかく書き込んだのにセキュリティ状態に
突入してしまい、mass-eraseして解除してからGDBからイメージをもう一回ロードしないと
デバッグできない事態になることが判明!

工場出荷時はセキュリティ状態は解除されてるらしいですがこのウォッチドッグリセットの
せいで実質セキュリティ状態になってる為STLink/V2などのMDM-APを直接叩くことが
不可能なデバッガハードウエアでは手詰まりになってしまいます・・・ぬぎゃー
(これFRDM-K20が国内販売されたらまたねむいさんのとこにプログラムが書けなくなった
 って質問飛んでくるんだろうなぁ・・・・)


●EFM32シリーズもおさわり
同じくOpenOCDの書き込み確認のために単品購入したチップです。EnergyMicroという
メーカのチップでしたが現在はSiliconLabs社に吸収されています。

Gecko(ヤモリ)のマークがチップ上に付けられたイカすデザインでCortex系のマイコンでは
超低消費電力方面に力を込めたラインナップとなっています。

ねむいさんがチラッと触った限りではCMSISライブラリがSTM32ばりに充実していてCMSIS
にどっぷりつかったねむいさんの流儀に非常に組み込みやすく最初の取っ掛かりのLチカ
作成が最速の30分で完成しました(逆に一番難儀したのはあちこちにファイルが点在して
て把握しづらく挙句の果てにKeilのサンプル中にしかCMSISヘッダファイルが無い品種も
あるKinetis・・・てか公式のサイトでリンク切れはまずいですよぅ)。

書き込みデバッグももちろんすんなり完了ですごい相性よかったのでメインのSTM32から
ちょっと浮気しちゃいそうです・・うそですよぅうふふふ




というわけでOpenOCDのバイナリには上記3品種の書き込みcfgファイルを追加してます。
パッチも前回から不備が見つかったものをさらに改修してますので私と同じ環境をお
持ちの方は試してみてくださいね〜
・・・すっかりOpenOCDありきのマイコンいじりになってしまいましたが実務ではルネサ
(日記はここで途切れている)

Comments

Post a Comment








Go to top of page