中華Bluetoothなアレを試す2号機


ルールに縛られて使いづらいくせに高価なものを使うよりかはこっそりと安価で有用な
ご禁制を使った方がいい時もあります。よくありません!
現在ではスマホ連動のBlueTooth地鶏棒が販売されていますが技適が取れたもの
よりもとれてない中華製のはかなり安くて海外のネット通販で日本国内で使用すれば
電波法に違反することに気付かず買ってしまう人もいるようです。
2020年の東京オリンピックに向けて海外の旅行客が日本国内では法律違反となる
機器の持ち込みをするケースが増加するため、現在法律面でそれを緩和する調整が
行われています。なおあくまでも外国人向けで日本人には関係なさそうですorz

日本国内ではこういった違法になる機器の販売はほぼ完全に野放し状態ですが使用に
関してはきっちり罰則規定がありますので今回も副業先にある電磁波と音波と振動が
完全遮断された連続稼働試験室(別名お仕置き部屋)で実験という形で行っていますので
間違っても野外や電波の漏れる窓辺では行っていませんのであしからず!
↑建前


前置きが長くなりましたが今回もそんな関係でアレ呼ばわりです。aitendoさんでも
堂々と販売
しておりますがきゅうる村氏のブログ記事の紹介にもある通り正式名称は
まったく別
で代わりにSPP3231とかいう超適当な名前が付けられておりブツどころか
販売側の姿勢にもチャイナクオリティが感じられる一品です。

さて、こちらのモジュールはBolutekというメーカが製造販売していてAliexpressでも
店舗を出して中国直販
しています。メーカー直販なので正規品とも言えますね。
しかしながら、日本で使用不可能なのは変わらないので聖闘士星矢ハーデス編に
例えると正規の冥闘士(スペクター)だろうが寝返ったやつだろうが聖闘士から見たら
同じなわけです。そいえばこのメーカー、ほかのページ見るとアレのそっくりそのまま
のぱちもんも作って名前も同じで堂々と売っていますよ…。



まぁそれは置いといて実験してみましょう。あくまで動作実験です実験!!!

表裏はこんな感じです

前回と同じくBEKENですが型番は違ってBK3231Qなるものが使用されています。

いつものモジュールのモジュール化。
これはデータシートもATコマンド表もメーカーから配布されているので助かります♥
ATコマンドモードに入るKEYは存在せず、ペアリング前にATコマンドを発行して各種
設定を行います。購入直後のUARTは9600N81に設定されていました。HC-06やRN4xXV
では電源投入時に特定のポートのレベルを固定するとボーレートが固定値になります。
このアレでもできるかどうか試してみると固定化出来ませんでした・・・orz
HC-06と一部だけポート互換のようです。変換基板は流用できますのでこちらでも問題ない
と思います。しかしながらコマンド体系はHC-06と違ってATコマンドの末尾にCRLFを必要とし、
HC-05に近いものになっています。データシートやコマンド表見るとHC-05からのこぴぺも
あってまさにぱちm…互換品にしておいてあげましょう(上から目線で
ちなみにSlave固定だそうなのですがROLEコマンドも効くっぽくみえてMasterにできる
のかなと思ったら電源再投入でSlaveに強制的に戻されます。結局Slave専用です。


バージョンストリングはこんなのです。同じ会社のHC-05の丸パクリ品と同じバージョン
ストリングですがホントにこれが正しいのかよくわかりません。チャイナクオリティですね…。


電源投入時やペアリング時・解除時は補助メッセージが出ます。


Bluetooth SPPデバイスとしてはレスポンスもサクサク軽快で230400bpsでもばっちり使用可能
です。安さを求めるならばHC-05やHC-06よりもこちらをお勧めsh

ゲフンゲフフン・・・日本国内では電波が外部に絶対に漏れないような環境で実験目的のみで
使用しないと駄目ですよ!!!!!!!
↑しつこいようですが建前




20151125追:
poke様よりコメントを頂いたのでQが付かない方のモジュールも紹介します。
こいつの正式名称は"SPP-C"です


BK3231Qから小さくなって機能もシュリンクされた感じでしょうか。
尤も私たちが触ることができる周辺機器はUARTだけですけど。


ちなみに中身(ファームウェア)はSPP-CAと全く同一でした。

Comments

AT+BAUD0 (0) の設定時 BPS値がいくつでしょうか
いろいろ試したんですが分りません。

ちなみに手元の物は BK3231 で Q の付かない小さいチップの方ですが
たぶんこの BK3231Q を使った物とと同等品だと思われます。
あと AT+BAUD1 (1) 設定時 14400BPS でした。
(あてにはなりませんがいちようバージョンも同じでした)

  • poke
  • 2015/11/24 6:42 PM

kope様はじめまして、ねむいです。


私が調べた限りでは"AT+BAUD"で有効なボーレートは
以下の関係になります。
AT+BAUD1  ->14400bps
AT+BAUD2  ->2400bps
AT+BAUD3  ->4800bps
AT+BAUD4  ->9600bps
AT+BAUD5  ->19200bps
AT+BAUD6  ->38400bps
AT+BAUD7  ->57600bps
AT+BAUD8  ->115200bps
AT+BAUD9  ->230400bps

それ以外の"文字"を入れても一応コマンドは通るのですが
直後に何やってもダンマリ状態となり電源の再投入時に9600bpsに
強制的に戻されます。
無効な文字を入れてもエラー出さずにコマンドが通るのがそもそも
おかしいのですがまぁ中華だから何でもアリですね(苦

あと小さい方のBK3231ですが何故か私も持っていました。
お仕置き部屋が容易に使用できなくなってしまったのでもう通電すら
できませんが写真だけ撮影したので載っけておきます。

Post a Comment








Go to top of page