STM32H7はぢめました・・・本当にいまさら


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
まってたぜぇ…この瞬間(とき)をよぉ…!

出る出る詐欺で一向に出る気配がなかったSTM32HのDiscoveryがついに私の
手元に入りました…!本当に長かった…!(※正式名称はSTM32H747I-DISCO)



基板の形状はSTM32F769I-Discoveryとほぼ同一ですね


メインCPUはH7シリーズ第二世代のSTM32H747XIH6です。第2世代になって何が
変わったかというとなんとCortex-M4コアがもう一つ付いたデュアルコア構成と
なっております!!!!


そんでもってビルトインされたSTLinkも最新のV3仕様で使用CPUはSTM32F723です!
なんとオンチップでUSB-Highspeedの物理層が乗っかっているすごい奴なのです!!


SDRAMはISSI製の32Bitデータバスの32MByteの奴が乗っかっています。


液晶を外して基板表面も見てみましょう。液晶モジュールはSTM32F769I-Discoveryと
全く同じMIPI-DSI接続のWVGAなTFT-LCDです(容量性タッチパネルICも同じ)


LANの物理層はおなじみMicrochipのLAN8742Aです。


そしてこの多CHフォトカプラみたいなのなに…と思ったのですがこれがQSPI-ROM
なのです!マイクロンのMT25QL512ABB8ESF-0SITが乗っています。


そして基板の反対側にもついている。STM32H747XIでは2つのQSPI-ROMを一つの大
容量クアッドSPI-ROMのように使えるDUAL-QUAD Modeが搭載されております!


I2S-CodecはおなじみのWM8994Eです。


そしてArduinoスタイルのコネクタの他にもI/Oを外部に拡張できるコネクタが
新設されました!Xbeeとかをそのままつけられそうですね〜



ぜんぜんピン間隔ちがってたorz


外観はこの辺にしておいてUSBMicroケーブルぶっ刺して通電です!
STMicroがイチオシするSTemWinとTouchGFXをふんだんに使用したでもアプリが
起動します。


TouchGFXはSTM32F769I-Discoveryの時のようにCPUの負荷状態とか見られる機能や
JPEGやDMA2Dみたいな各種ハードウエアアクセラレーションの効果を見ることが
できるプログラムもあり…おや…これは…


ク ソ ゲ ー 再 び
モーやってられませんわこれ(←律儀にやる人


さて、STM32H7でもいつものベアメタルでとりあえず組んでみる予定です。
現在はLチカにはぢまってねむいさんのコンテンツでは欠かせないDMA動作を絡めた
FatFsの実装まで完了しております(画像はLED点滅しているところ)。

H7に上がって機能も制約もF7とは段違いに変わってますので実装を進めながら
次回以降にみっちりと解説していけたらと思います!

Comments

こんばんは ずいぶん月日がたち、コミ○もすっかり過去のものになり うだるような灼熱地獄の夏コ○も今は昔、いかがお過ごしでしたか。
ねむいさんのサイトも薄い本みたいに開けるとき、みてはいけないでもみたい。ななんと、F7推しとか聞いていましたがH7ですよ。どうして早く教えてくれなかったんですかあ。といってみたいだけでした。
おお、H7これはいいですねえ。これはいい。
沼にはまりそうだ。ぶくぶくぶく。
ねむいさんところであの絵のつづき 楽しみにしているんですが 俺的に絵師最高(当社比)いいよなあ いいな

  • ひかわ
  • 2019/09/02 10:00 PM

こんばんは、
STM32H7 をはじめられたそうでがんばってください。
当方、STMH743 で、内蔵のJPEG-CODEC を使いこなせず
STMH747I-DISCO の購入は躊躇しています。LIBJPEG 以外に
JPEG-CODEC の利用例も紹介していただけたらうれしいです
   

  • 内緒
  • 2019/09/10 10:13 PM

内緒様こんばんは、ねむいです。
私はH7に関しては4周くらい周回遅れの後発組なので
海外のコミュニティで情報漁った方が早いですよぅ

ひかわさまこんばんは、ねむいです。
>ねむいさんところであの絵のつづき 楽しみにしているんですが
なにをおっしゃってるんですかHAHA
あ な た も い な ち ゃ ん を 描 く の で す ♥

Post a Comment








Go to top of page