東海自然歩道を徃く23(新蒲原-芝川/芝川-田貫湖)

前回はあえて真夏に難所を超えました。そして静岡バイパスコースも残るはこの2コースです。
今回のゴールの田貫湖では体調がベストなら芝川駅からノンストップで走って走って
休暇村富士施設内の温泉の時間に間に合うかもしれませんがはてさて…?


●2013.09.14 新蒲原->芝川(->富士宮)


朝の新蒲原駅。前回到着地点の富士川駅はあの地点で東海自然歩道のルートと
しては終端になっており、同じく終端の新蒲原駅からエントリポイントの野田山
の分岐点まで向かいます。陸に展示されてるさくら丸に見送られスタート!



この新蒲原駅の辺りが蒲原宿になってるそうです。
神社へ続く階段を上って山道に入ります。



この御殿山へと続く山道は春には桜が咲き誇りすごく美しい光景になる
そうですが、夏場の今は蜘蛛の巣じごくです…。



御殿山広場につきました。標高は100m程ですが眼下にスタート地点の
新蒲原駅とさくら丸が小さく見えますね。



すっかり蜘蛛の巣まみれでトイレのある展望広場まで出ました
ここは狼煙場があった場所だそうです。



展望広場のすぐそばに車道が出ていてルートは車道を駆け下ります。


下り切った場所で民家風の善福禅寺と広い道路に当たります。
今度は進路を北にとり野田山の分岐までひたすら駆け上がります!




ひたすら駈ける駆け上がる!!
六丁峠の特訓した成果もあって勾配の急な曲がり角以外は殆ど歩かず
走り抜けられました!


野田山の分岐に到着です。ここから先は南松野まで前回と同じルートをとります。


野田山公園広場にて。ここの水は"飲めません"とありますがねむいさんは
平気でした(よい子は真似しないように!)。



南松野への林道からは富士山が見えるのですがこの日はあいにくの
超くもり空でした。


前回は進路を右にとり富士川駅に向かいましたが今回は左にとり
芝川駅に向かいます。



南松野駐車場です。ここで補給を兼ねて小休止。
しっかし…入口からして藪が超わさわさでいやな予感…


意を決して藪に飛び込むと森の中では一気に視界が開けました。
おっこれ行けるじゃんとペース上げたとたんに蜘蛛の巣直撃して
あぶばびびびべばべ1!!(←必死に蜘蛛の巣をはがすとき上げた声)
おまけに怒った蜘蛛さんに噛まれたorz



こっから先は蜘蛛の巣だらけ藪だらけでぢごくでした…
あーでも山蛭出ないだけ1000000倍マシですが。



ようやく藪から解放されたと思った瞬間に舗装路に行ったん出ます。
ここは大代峠と呼ばれる地点です。



車道を渡り山道に入ると急激な登りとさらなる藪が待ち受けていやがりました!



藪をかき分け尾根っぽい所にでると道標が現れます…しかし
この道標要注意です!はたご池に向かう部分がでたらめの方向に
向いてます。写真の矢印の要領で尾根道を登りあがってください!



尾根道は痩せ気味で小崩落や激藪の箇所も多々あるので注意して
移動しましょう!



藪が薄くなり道も落ち着いてきたころにようやくはたご池に到着です。
休憩を兼ねて体やザックに張り付いた蜘蛛の巣と引っ付き虫をどけました。



はたご池を離れ芝川に向かいます。ここから先はすべて車道なので蜘蛛の巣
を喰らうことはありません♥そしてすでにここは富士宮市――




車道をどんどん下っていくとだんだん晴れ間が出てきたようで木漏れ日が
見えてきました。廻沢橋についたころには太陽光線がちょっと熱いくらいに。
しっかしさすが富士宮、こんな場所まで世界遺産アピールののぼりが…。





今度は田んぼの中を通ったり河川敷沿いに進んだりして富士川を目指します。
もうそろそろ収穫の時期でしょうか。





富士川に架かる橋を二つ越えて次回のエントリポイントに到達です。
ルートを離脱して芝川駅に向かいます。



芝川駅に到着です。身延線は西富士宮以北は電車の本数が急激に少なくなるため
ここでゴールとせず富士宮までそのまま向かいます。
(東海自然歩道のルートとしてはここで終了です。)



芝川駅手前にある県道に沿って富士宮まで向かいます!
途中に車道ですが山越えと峠があるのでちょっとしんどい…。



途中の山の中にある沼久保駅です。



30km近く走ってきてへたってきた足にはかなりつらい最後の峠を越えると
あとは富士宮市街まで一転攻勢の下りです!



潤井川と身延線の踏切をわたってついに富士宮市街まで来ました!




少し走って(ついでにお墓もおまいりして)富士山本宮浅間大社に到着です。






その奥にある湧玉池にて今回のゴールとしました。
ここは天然の水がものすごい勢いで湧き出ていて汲み放題です♥



湧玉池から流れ出す神田川には親水公園と多目的トイレがあり
ここで着替えを済ませてゆっくりと富士宮駅に向かいました。


幼少のころに棲んでた町並みは大通り以外はほとんど変わってない
感じで懐かしさ感無量です…写真の呉服屋の旦那さんに英語教えてもらった
りした記憶もありますがねむいさん結局英語は今も駄目。


お土産の湧玉池の水を携え富士宮駅からJRを乗り継いで京都に帰りました。


●2013.09.28 芝川->田貫湖


朝の富士宮…静岡バイパスコースのフィナーレを飾るにふさわしい素晴らしい
青空です♥しかし夜行バスに揺られたねむいさんの尻は崩壊寸前だった…!
(※漏らしたわけではない)



ビルの隙間から夏富士が見えますね〜。
長崎屋も変わり果てた姿で身延線に乗り込むねむいさんを見送ります♥



JR芝川駅で上りと下りの電車を見送った後、念入りに準備運動を行い
東海自然歩道夏の陣のラストコースのスタートです!!



前回のルートのエントリポイントの釜口橋です。ここから
車道をひたすら上がっていきます。


今回のルートは車道と林道しかなくさらに8割が舗装路なのでランニング
シューズでも問題ないくらいサクサク進めます♥



澄み切った空がとても心地よいですね♥
双頭のパンダも興奮気味です。


♪Orange crate art was a place to start
 Orange crate art was a world apart



♪Home for two with view of Sonoma
Where there's aroma and heart



♪Memories of her orange crate art


 …静岡に棲んでいた学生の頃、よく聞いていたこの曲を思い出します。
 OrangeCrateArtはアメリカの昔の田舎を偲ぶ歌ですが静岡の田舎にまさに
 雰囲気がピッタリなのです。




田圃道を抜けると今度は総合運動場の端っこを通過します。
そして芝川河川敷にでます。





芝川は渡らず富士山側に回ると西山本門寺の長い参道に行きつきます。
今度はこれを登る!



本門寺には織田信長の首塚があるそうです。



本門寺の参道を抜け車道に再び出て北上します。
この日は真夏の日差しと秋の空が交錯する不思議な天気でした…。



柚鳥富士を経緯した稲子駅への分岐です。
途中に新稲子温泉もあるそうです。




道は車道から少しそれて「富士山に真向かう柚野の道入口」から遊歩道柚野の道を
登っていきます。星霜を過ぎて文字がかすれて読めなくなってしかも倒れてますが
そう書いてあります。



季節はまさに運動会ですね〜(日差しがまだ真夏で糞暑いですが)






柚野の道はその用水路に沿ってお寺もたくさんあります。
絶対に許さない精神は昔からあったようですね…。


車道に合流し、上柚野のバス停に出ました。ここからは天子が岳登山道を
目指します。


ここの道標のない部分は要注意です。登坂が正解です。




観音橋を右目に通り過ぎ、子光寺横を通り過ぎます。




巨大水道管が通る道を駆け上がります!
んでもってなるべく富士山の姿をとらえていきます!



道はやがて山道(舗装されてますが)になります。
下の写真は飼っていると思われるこーぎーを叱ってるほうちん荘の
おばちゃんです。ねむいさんはこーぎーの攻撃をジャンプでかわしていた!



さらに登っていくと東海自然トイレがあります。
ここでも水の補給ができます.




道は舗装路からダートに替わり道が開けると富士山が待っていました!
しかしちょっと雲に隠れ始めてます。


大倉ダムに向かうこの分岐はちょっと注意してください。
道標の示す方向がちょっとおかしいです。



大倉ダムとはなれると今度は一気に登り坂にはいります。
天子が岳林道終点を超えたら今度は下りですが…
川と道が交錯してる箇所がありますので全力でジャンプ!
…バシャ



ぁーぁーシューズ濡らしちゃった…とにもかくにも天子が岳登山道分岐に
到着です。ここは白糸の滝への分岐でもあります。



白糸の滝への道です。ここにも世界遺産アピールが!
ところでねむいさんは幼少のころこの白糸の滝を訪れていました。
26年の時を経て再び会合の時を…



!?
F**K!!!!


せっかく2.2kmかけてここまで走ってきたのに…(2.2kmをまたもどる)
IXY3さんを駆使して気合いで滝を撮影しましたよぅ!!



用は済んだのでとっとこ分岐点まで変えります。



分岐点から先の林道ほぼ下りの道になります。
天子の森への車道に出たらあとはひたすらぢごくの登坂です!
歩くな!走れ!!


ぬぉぉぉぉ


ぉぉぉぉ


ぉ…はぁはぁ…ぁ、トイレだー




ラストのきつい登坂を超えると今回のゴール、休暇村富士へ到着しました!
ですが区切りとしての静岡バイパスコースと本線の分岐は田貫湖をぐるっと回って
さらに北上した先にあります。



ルートは田貫湖の遊歩道と共にします。
ここのデッキはダイヤモンド富士が拝めることで有名な場所ですが…
残念ながら富士山はてっぺんだけすっぽりと雲を被っていましたorz



2013年3月に訪れた湖畔駐車場(バンガローサイト)までやってきました。
そしてこの先には…


いた!


あの時のあの場所で猫ちゃんがつがいの猫を連れて待ち構えていました!
"にぁー"と猫なで声で鳴きながらねむいさんにすりすりしてきたので
なでてあげようかなと手を伸ばs

ガブッ!


いてて…あのくそ猫め…
さらに進んで東海自然歩道の本線とバイパスコースの分岐に到着しました!
この時点で静岡バイパスコースの全走破達成です!!やった!



後は田貫湖を周遊しつつ休暇村富士に戻るだけです。
この日は天気がものすごくよかったので家族連れが多数訪れていました。
もうテントだらけ!



休暇村富士に到着です。これをもって2013年度の東海自然歩道夏の陣は
おしまいです!大きなアクシデントもなく予定していたルートを
予定通りにすべて攻略しました♥


…ところでこのプランターで育ってる草って…たime


ゲフンゲフフン…さて、予定よりかなり早く到着したので本日のEXメニューだった
露天風呂もたっぷり堪能してきましたよぅ♥


お風呂も十分に堪能して休暇村富士を離れました。
…ところでこのプランターで育ってる草っt(ry



ゲフンゲフフン…富士急バスで富士宮駅に戻ってきました。
特急ワイドビューふじかわの時間までまだ間があったので
今一度富士宮の街を散策してきました。


とうとう駐車場になりましたかここ。


もうユニーないから!!…これってまさか30年前からのやつですか…?


富士山本宮浅間大社の前にお宮横丁なる場所が出来てました…
私が子供のころはこんなのはおろか富士宮名物とやらの焼そばとかも
影も形もなかったんですがったく…


…いただきまーす!




腹ごしらえとお土産を買った後は浅間大社で残りの行程の無事と成功を祈り、
湧玉池で天然水をたっぷり補給しました。



そろそろ時間になったので富士宮駅に戻りワイドビューふじかわで帰路につきます。
車窓から最後の最後で富士山が再び頭を出してくれました♥
一ヶ月後にまたすぐにあうことになるでしょう。


そして今回の戦利品(お土産)はこれです!
やっぱ地ビールいいよね…♥








静岡バイパスコースは昔の記憶を思い出させるコースばっかで目から鼻水が流れっ
放しでしたが昔と変わった所、昔のままの所もあり新たな発見もたくさんあって
感慨深い行程でした。(たぶん次に来れるのは数十年後ですね金銭的に…)


東海自然歩道も高尾山まで残り5行程を残すだけとなりました。金銭的/時間的な厳しさ
はさらに増すのでしっかりと分析して確実に走破できるよう挑みます!


新蒲原->芝川(->富士宮) GPSログ

芝川->田貫湖 GPSログ

※この地図は国土地理院の電子地形図をカシミール3D上にて表示し作成したものを、
国土地理院への申請不要な300x400pixel以下のサイズに縮小して公開しております。

Comments

久しぶりに覗いたら、着々とトレランが進んで、東海地区踏破とのこと、おめでとうございます。

こまめに写真があるので、まるで同行しているのと同じ
気分が味わえます。GPSの精度が上がっているようですね。

ARMのことを調べに来ている人には、何のこっちゃという
ところでしょうが、めげずに続けてください。

がた老様こんにちは、ねむいです。

ここ数カ月でmbedやCooCox等の無償なお手軽環境が爆発的に広まった
影響で電子工作方面の客足が一気にガクンと落ち込んでしまい、私の
ぶろぐもすっかり閑古鳥が鳴いております(泣)
時代の流れを感じますね…。

その代りハイカーな方々からの需要が相対的にじりじりと伸びて
きています。そういった方々にもお役にたてるようにしたいです。

Post a Comment








Go to top of page