GPS/GNSSモジュールを試用する10 -Gms-g9のファームを更新-

通常のGPSに加えQZSS(みちびき)やGLONASSの信号も取得できるGNSSモジュール
Gms-g9は、今年6月に実戦投入して以来数々の厳しいフィールドで素晴らしい戦果を
挙げてきました。

現時点で位置捕捉モジュールの決定版ともいえる存在ですが、今秋からパッチアン
テナのサイズシュリンクに加えて低消費電流を謳うGms-g6と中国版GPS「北斗(BeiDou)
が捕捉できるGms-b6がリリースされています。どちらもチップはGms-g9・Gms-g6aと
同様のMT3333が使用されています。

電気回路的な違いはGms-g9には存在したモジュール内のスタンバイ機能付きLDOが
省略され簡略化されています。パッチアンテナに繋がるLNAもおそらく低消費電流な
ものが使用されていると思います。これらによって捕捉・追跡時の消費電流がカタログ
値で7mA以上低く抑えられているようです。ただ、パッチアンテナの面積がGms-g9
と比べて小さくなっているので電波捕捉に関してはg9に比べるとやや劣るはずです。

ファームウエアの性能はGms-g6については後でも述べますがGms-g9と全く同じです。
Gms-g6a/Gms-g9を使用されている方はそのまま差し替えて使用可能です。PA6Cや
GT-723Fから置き換えする際には受信側の多少の改修が必要となりますのでご注意を。

Gms-b6はbeidouが捕れる代わりにQZSSとGLONASSを捕捉する機能が省かれています。
正直言いうと日本国内においての使用はGms-b6の方はあまりうま味がない感じです。
↑でも話のネタにはなるので国内で2k円台で手に入るようになったら考えます…。

国内では既にGms-g6Gms-b6も販売されているようです。私は既にGms-g9を購入して
しまったので両者とも手を出すつもりはないですが、値段も4000円以下なのでこれから
GNSSモジュールを使いたいという方には最適です。でもほんとはg9も売ってくれたら
ベストなんですがー!

szパーツさんとこの"テスト用"の物はbeidouに加えてGLONASSとQZSSも捕れるみたい
ですね。そのぶんお値段が張る上に据置型なのでマニアックな人向けですね。





さて長々と前置きしましたが、さらに激化する東海自然歩道の走破に向けてGms-g9の
パワーアップ作戦を行いました。といってもやることはGms-g9側のファームウエアの
更新だけです。私が購入した当初はファームウェアverがAXN3.10だったのですがネット
上の使用記やtwitterのタイムラインを見るとAXN3.20な物が出回っているのが分かり、
いろいろググってみたのですがやっぱりそう簡単には落ちていませんでした。

ダメもとで製造元のGlobalTop社に"Gms-g9の最新ファームを一本だけ、くださいっ!"
というド直球な内容で英文で問い合わせを行うとなんと返事が返ってきました!!
日本の企業じゃ考えられないことでちょっとびっくりしました。指示に従ってモジュー
ルシリアルと現行のファームウエアバージョンストリングを伝えるとすんなりAXN3.20
のファームウェアのバイナリをもらうことが出来ました♥

↑ファーム変更前


"GlobalTop Flash Tool "で書き換え…しかしねむいさん謹製のGPSTr@ckerのCDCモード
からだと上手くいかず結局SiliconLabsのCP2102を使って難を逃れた…時間が出来たら要
調査ですねこの部分は。
20140527追:
この問題は解決しました。こちらをご覧ください。


↑ファーム更新後
 何気にGPSViewerのバージョンも1.8に上がってました
細かい変更点までは聞き出せなかったのですが"いくつかの不具合が修正された"との
ことなので捕捉したデータにより信頼性が得られるのは間違いないですきっと!




んでもって実際のフィールドで使用してきました!場所は東海自然歩道の難関の一つ
西丹沢(甲相国境尾根)です!尾根道とはいえ深い木々や藪に覆われておりおまけに
ルートの終盤には山深い沢道を走る個所でしたがしっかり真価を発揮してくれました!


※この地図は国土地理院の電子地形図をカシミール3D上にて表示し作成したものを、
国土地理院への申請不要な300x400pixel以下のサイズに縮小して公開しております。

予備で携行してるGP-101とはもはや雲泥の差です。自作GNSSロガーでもここまで戦え
るようになりましたよ♥ほんとにいい時代となりましたね♥
20131225追:
ぁーそうそう、今回のルートのレポートも12月中旬実施の北丹沢のルートと合わせて
じっっっっっっっっっっっくりとさせていただきました
ので覚悟してださいね…gff…

Gtopさんに上のGPSログのURLとともに謝辞を述べたら"お友達にも教えてあげてくだ
さいね"と某ふたばちゃんねるみたいなこと言われたのでアップデートに興味がある
方は自己責任で私にメールください。私のは高い方の欧州店に上がってるファーム
よりもマイナーナンバが進んでます。


●おまけ
で、
高い方の欧州店にはPA6Cの最新ファームもおいてありました。
こっちはAXN2.31です。


↑速攻更新!
 …PA6CはGms-g9に役目を譲って使うあてなくなっちゃいましたけど
 とりあえず一応ということで。

Comments

ねむい様
とても勉強させていただいてます。
レスをいただきありがとうございました。
GMS7-CR6は、うっかり12V電源を投入してしまい、PC接続だけしてお亡くなりになりましたww
しかし意外な事に、みちびき(193番)を捕捉してました。
そして次候補にGms-g9モジュール搭載のものを買ったのですが、この1.5mmピッチを2.54mmピッチに搭載するには、専用のBrakeOut基板を買うしかないのでしょうか?

あと関係ないですが、GNSSモジュールでさえ精度2.5mクラスなのに、SIRFSTAR靴離皀妊襪農催2.0m(SBAS)のスペックのものがあるのは、誇張表現でしょうか?w

  • なべ
  • 2015/09/16 3:25 PM

ねむいです。こんばんは。

1.5mmという間隔はピン間が狭い面実装部品が当たり前になった
今では中途半端に広大で逆にどうしてよいものか戸惑っちゃいますね〜

今の若い子なら「(基板起こしを)パパッとやって、終わりッ!」なんでしょうけど
私はグリッドガン無視の旧世代型のUEWチマチマ配線スタイルです。

Post a Comment








Go to top of page