ESP-WROOM-32を使ってみる5 -ESP-WROOM-32が物故割れた!1!1!!-

ESP-WROOM-32の目次に戻る



ESP-WROOM-32はとっくに飽きてしまったのはずなのですがKimio Kosaka氏のブログ
とてもとても気になるエントリを見つけました。

以下引用

色々なタイミングでのプログラムの書込みをやっていたら…ESP32挙動不審な動作を
はじめ、” flash read err, 1000 “が出現しプログラムの書き込みにエラーが
発生するようになった。

引用終り

もう一つ、wakwak_koba氏のブログでも・・・・
以下引用
WiFi.h を include するだけで、漏れなく halt してしまう ESP32 に成り果ててしまいました(涙)
やったことは、2.2〜2.8V 付近の電圧で起動と停止を繰り返しただけ。(それぞれ数秒ずつ置いて)
電源の逆接とかハード的なミスならば自業自得で諦めますが、仕様範囲内の電圧で起動しなくなるってのはどうよ。
動作中に電圧を弄ったとは言え、Δ0.1V/秒 くらいの、超ゆっくりな操作だったのに。
(ハードな試験をしていたわけでもなく、実運用中にも起きえる程度の動作条件下で壊れた)

引用終り

やっぱりねねむいさんそう思ったんですよぅ電源がドロップして動作保障電圧の2.2V
どころか3.0V以下になると何か変な動作になるんじゃないの・・・って


両氏に共通する事象はESP-WROOM-32が意図せず不可逆変化を起こしたことに尽きます。


ESP-WROOM-32のメインチップESP32にはeFUSEと呼ばれるメモリ領域があり、ここに
MACアドレスやChipのID、さらにJTAGやSDIOの使用可・不可を設定できるように
なっています。AVRのヒューズビットやKinetisのFSEC領域のようなものですね。

これが何らかの原因(SPIフラッシュ書き込み時の急なドロップ・電源断)で不意に
書きかえれてしまうとヤバイ方向に転がってしまうのではないかと考えました。
何か電源の不安定な変化でeFUSEの秘孔を突いてしまうのではないか・・・ト・・!ピプー


Kosaka氏はESP-IDFv2(もうv2になってるのか)にあるespsecure.pyなるpythonスクリ
プトで復帰を試みました。ねむいさんもまずは健康な状態のESP-WROOM-32のeFUSEの
値を読み出しました。eFUSEの値は下のコマンドでパースされます(COM3の場合)。
ねむいさんの解説を読んでESPTOOLのパスは通しておいてください。
また、全てUARTブートモード下の操作となります。
espefuse.py --port COM3 summary


まだ健全なモジュールなので全部ゼロになってますね〜
Flash encryption mode counter の値は0です。


さて、ここからESP-WROOM-32を潰しにかかります!!
基本のLチカのプログラムを書き込んでる最中に給電元のUSBのケーブルごと引っこ
抜いて
書き込みを故意に失敗させまくります。
この時は上記のようなエラーになります。昔はPCごとお堕ちてたもんだ〜。


ちがう・・・これじゃない・・・
強化した電源ラインが仇になったのかなかなか事象が再現しません・・・
試行すること2時間と20分・・・


―――――――――!
秘孔突いた!テーレッテー
(flash read err, 1000)ってメッセージで無限ループしてます。
(実際はhaltがかかってその後ウオッチドッグリセットで無限ループにみえる)
たしかにSPI-ROMの書き換えが出来ないです・・・
20170220追:
Kosaka氏と同じエラーメッセージ出てますが氏の元で発生した不具合は
ねむいさんとこと違ってSPI-ROM完全破壊状態のようです…☠
そんな故障モードもあるのか…


ここで落ち着いて復活の呪文を唱えます
espefuse.py --port COM3 burn_efuse FLASH_CRYPT_CNT


Flash encryption mode counter の値は1→3になりました。


makeの際にsdkconfigのsecure boot configurationの項目でdisable encryptionに
なってることをしっかり確認してビルドしなおします。



やった!書けた!もちろんLEDは再び点滅をするようになりました。
無事復帰しました・・・



・・・といいたいところですがこの復帰動作は何度も出来るわけではなく制限があり、
Flash encryption mode counter の値が7の状態でもう一度復活の呪文をとなえたら
秘孔が炸裂して"Bricked(ひでぶ)"してしまいます。お前はもう死んでいる

ねむいさんの英語力は中学生レベルですのでかなり怪しいですが原文を読む限りは
復活の呪文を3回となえたら4度目はない
と思ったほうがよいですね。

公式のgithubESP32のForumでも話が持ち上がっていますが結構な確率で意図せずに
この状態に入ってしまうのでしょうか???ねむいさんも"電ぶち"で再現させまし
たがこれ貧弱な電源使って書いた貼ったしてると秘孔突き捲ってしまうのでは・・・
とくにVCCが2V付近でうろちょろするような状態がかなりやばそうです。
・・・
でもまぁいっか!あと半年くらい待てば安定するでしょう・・・
それまでSTM32F7で遊びますよぅ!








新しい事が分かったらちゃんと追記修正していきますか怒らないで〜♥

Comments

コメント失礼します。
ねむいさま
いつも楽しく拝見させていただいてます。
ねむいさまのブログ内容の切り返しが毎回楽しみです。
さて、全く別件ですが本記事内の
「Kimio Kosaka氏のブログ」のご紹介。ありがとうございました。
Kosaka先生は私の高専の恩師で連絡が取れずに困っておりました。
まさか「ねむいさんのぶろぐ」さまで発見するとは思いませんでしたが
おかげさまでコンタクトが取れました。
今後も楽しみにしております。
がんばってくださいませ!

まえさまはじめまして、ねむいと申します。

今年に入って抗議・言いがかり・画像が見えなくなったことへの苦情の
対応に終始してすっかり気が滅入ってましたが、まえさまのご報告の
おかげで少しだけほっこり出来ました。ほんとうに偶然が重なった事とは
思いますがお役にたててなによりです。

なんだか知らんがとにかく良し!

Post a Comment








Go to top of page